Se ha denunciado esta presentación.
Se está descargando tu SlideShare. ×

JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps

Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio

Eche un vistazo a continuación

1 de 63 Anuncio

JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps

Descargar para leer sin conexión

2013年9月28日京セラドームで開催された JAWS FESTA Kansai 2013 でのセッション資料です。セッション資料動画は、http://www.youtube.com/watch?v=b6WIyxMQhlw にあります。

2013年9月28日京セラドームで開催された JAWS FESTA Kansai 2013 でのセッション資料です。セッション資料動画は、http://www.youtube.com/watch?v=b6WIyxMQhlw にあります。

Anuncio
Anuncio

Más Contenido Relacionado

Presentaciones para usted (20)

Similares a JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps (20)

Anuncio

Más de 智治 長沢 (20)

Más reciente (20)

Anuncio

JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps

  1. 1. DevOps Tomoharu Nagasawa Technical Evangelist, Microsoft Certified Scrum Master (CSM) セッション資料 動画版: http://aka.ms/jawsfesta
  2. 2. 長沢 智治 日本マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部 エバンジェリスト Scrum Alliance 認定スクラムマスター • E-Agility 協議会 実行委員 • ソフトウェアテスト技術振興協会 ツールWG • ソフトウェア品質知識体系 (SQuBOK) 改訂委員 『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』 基本概念から継続的フィードバックまで Sam Guckenheimer / Neno Loje 著、日経BP社 監訳者代表 • Developers Summit など講演多数 • 開発プロセス、組織改善が専門領域 • プリンシパル コンサルタント / ソリューションアーキテクトを歴任 • 2007年1月より、マイクロソフトのエバンジェリスト Speaker
  3. 3. Agenda 2 1 3 ビジネスと IT アジャイルとクラウド DevOps 概説 ~ 課題と解決策
  4. 4. Goal 2 1 3 DevOps の今を把握 一般的な課題と解決策を把握 戦略的 IT への準備へ
  5. 5. ビジネスと IT
  6. 6. cv デバイスと クラウド 競争の激化 市場に追随 市場をリード ビジネス価値の 継続的な提供 アジリティと ガバナンス 規模の経済の 最大化 新たな価値を 創出する新技術 お客様への 直接的な貢献 Business Technology
  7. 7. Business Technology
  8. 8. ビジネス アジリティを支える IT IT の力でビジネスをスケール IT にもアジリティ IT でビジネスの価値(変化)を最大化
  9. 9. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT 1990s 2000s 2010s
  10. 10. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT ビジネス モデル IT に非依存 IT が関与 IT がドライバー
  11. 11. Cost Center Key Infrastructure Morphing ITIT 部門 経営者層 顧客/市場が中心 意思決定
  12. 12. Cost Center Key Infrastructure Morphing ITC/S Web / Web サービス クラウドとデバイス テクノロジー
  13. 13. ビジネスモデル をけん引 顧客と市場への アジリティ クラウド& デバイスの活用 Dev と Ops の 協調
  14. 14. アジャイルとクラウド
  15. 15. 十分な猶予 固定 今までの10年 固定された要求に対応 完成した後にデリバリー 開発者同士の協調 Cost Center Key Infrastructure Morphing IT IT は 便利 IT は 有効 IT は 不可欠
  16. 16. 十分な猶予 固定 投資対効果が高い 投資対効果が低い
  17. 17. これからの10年 変動するビジネスに対応 継続的にデリバリー 開発と運用の協調 十分な猶予 固定 投資対効果が高い 投資対効果が低い Cost Center Key Infrastructure Morphing IT IT は 便利 IT は 有効 IT は 不可欠
  18. 18. 十分な猶予 変動! 投資対効果が高い 投資対効果が低い ムダ
  19. 19. 十分な猶予 投資対効果が高い 変動!
  20. 20. 開発と運用のアジリティ
  21. 21. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT Business IT 非同期 Business IT 同期
  22. 22. Requirements 固定? Long Batch Delivery 完全? Cost Center Key Infrastructure Morphing IT Requirements 固定 Long Batch Delivery 完全
  23. 23. Requirements 変化 Small Batch Continuous Delivery 継続 Cost Center Key Infrastructure Morphing IT Requirements 固定 Long Batch Delivery 完全
  24. 24. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT We’re done. PM Arch. Dev. Tester. etc PO 開発チーム エンドユーザー 運用チーム
  25. 25. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT エンタープライズの システム自動化技術 クラウドのベース
  26. 26. Enthusiasts Visionaries Pragmatists Conservatives Skeptics スタートアップ クラウド サービス ベンダー エンタープライズ 先進的な アプリケーションと 開発プラクティス の創発 先進的な  アプリケーション  アプリケーションライフサイクル管理  データセンター 顧客に ダイレクトに 響く活動 つながる 商談の継続 先進的な 業務環境 独自性と 競合優位性 ムーブメントはすでにエンタープライズに
  27. 27. Cheaper 先進的なデータセンター Modern Data Center Faster 先進的な アプリケーションライフサイクル Modern Application Lifecycle Continuous Better 先進的なアプリケーション Modern Applications 先進的なビジネスの要素
  28. 28. エンタープライズ IT の “ユーザー” お客様 The customer buying from us 従業員 The employees working for us
  29. 29. エンタープライズ アプリの進化 内勤, B2B 協力会社, 従来のチャネル お客様, 全従業員, 新規のチャネル SYSTEM OF RECORD SYSTEM OF ENGAGEMENT ブランドの差別化 継続的デリバリー ビジネス ソーシャル パッケージとそのカスタマイズ 長期のリリース サイクル コンテンツ マネージメント 戦闘力基礎体力 ※ 確立した方法が適用しやすい ※ 未知の領域への挑戦 / 試行錯誤
  30. 30. Customer Discovery Customer Validation Customer Creation Company Building Iteration Execution *Lean Startup Customer Development
  31. 31. Lean Startup | Build – Measure - Learn アイデア プロダクトデータ BUILD MEASURE LEARN Dev Ops Biz
  32. 32. DevOps
  33. 33. ビジネスの アイデアや課題 ビジネスの 価値提供と改善 Ops 運用 Dev 開発 ビジネスと IT ( = Dev + Ops )
  34. 34. Ops 運用 ビジネスの アイデアや課題 ビジネスの 価値提供と改善 Dev 開発 ビジネスと IT ( = Dev + Ops ) の阻害要因
  35. 35. ビジネスの 価値提供と改善 Ops ビジネスの アイデアや課題 繰り返し型のビジネスでは致命的! Ops Ops Dev Dev Dev
  36. 36. ビジネスの 価値提供と改善 Ops ビジネスの アイデアや課題 繰り返し型のビジネスでは致命的! Ops Ops Dev Dev Dev | |
  37. 37. Ops 運用 ビジネスの アイデアや課題 ビジネスの 価値提供と改善 Dev 開発 DevOps による戦略的な IT へ
  38. 38. DevOps の課題
  39. 39. Ops 運用 ビジネスの アイデアや課題 ビジネスの 価値提供と改善 Dev 開発 DevOps による戦略的な IT へ 再現しない! ガバナンス!
  40. 40. Ops 運用 ビジネスの アイデアや課題 ビジネスの 価値提供と改善 Dev 開発 DevOps による戦略的な IT へ ブラック ボックス ガバナンス! Ops
  41. 41. Ops 運用 ビジネスの アイデアや課題 ビジネスの 価値提供と改善 Dev 開発 DevOps による戦略的な IT へ 再現しない! 1 アプリの特例 を認めない! Dev
  42. 42. DevOps による戦略的な IT へ課題 Ops 運用 Dev 開発 再現しない! ガバナンス! 日々の仕事 問題への視点… 責務の期間 日々の仕事 問題への視点… 責務の期間
  43. 43. DevOps の課題の解決策
  44. 44. Biz + IT (Dev + Ops) の共有ゴール アイデア プロダクトデータ BUILD MEASURE LEARN Dev Ops Biz
  45. 45. Biz + IT (Dev + Ops) の共有ゴール Dev Ops Biz サイクル タイム ビジネス アイデアを 定期的に短いリズム で効果的なビジネス 価値として提供して ほしい。 MTTR (平均解決時間) IT の問題による ビジネス価値の低下を 最小限にしてほしい。
  46. 46. ビジネス アイデア OpsDev 動くソフトウェア サイクルタイム MTTR (平均解決時間)
  47. 47. ビジネス アイデア OpsDev 動くソフトウェア サイクルタイム MTTR (平均修復時間) 共有ゴール サイクルタイム MTTR 自動化 共同所有 ムダ取り 透明性
  48. 48. ビジネス アイデア OpsDev 動くソフトウェア 運用が欠如した 受け入れ基準と優先順位 技術的負債の蓄積 運用を考慮した 設計とテストの欠如 長い開発とテスト の仕掛かり 運用準備が整わない ソフトウェア 長いデプロイの仕掛かり 開発と運用の ワークフローの相違 と分離 本番稼働中の障 害への対応 デバッグが困難な 本番環境での対応 実行可能なフィードバックの 欠如による MTTR の長期化 ビジネス価値との相関 関係が不明瞭
  49. 49. ビジネス アイデア OpsDev 動くソフトウェア 運用を考慮した バックログと定期的な 優先順位の見直し レガシーコード の把握と改善 継続的 インテグレーション 疑似本番環境での ラボ自動化 常に運用可能な開発成果物 の透明性/トレーサビリティ 構成とデプロイ の自動化 成果物の共同所有 本番稼働環境での テストの実施 実行可能なフィードバックの 自動化/省力化 ビジネス価値を中心とした フィードバックとデータ収集/蓄積 継続的テストの 実践 統合されたツールセットと 最適なワークフロー連携 本番環境に影響を 与えない診断/ デバッグ
  50. 50. MTTR の短縮により ビジネス価値の最大化 課題:  運用が欠落した受け入れ基準と優先順位  本番稼働中の障害への対応(診断困難)  実行可能なフィードバックの欠如による MTTR の長期化 解決策:  運用を考慮したバックログと定期的な優先準備の見直し  本番稼働環境でのテストの実施  成果物の共同所有と最適なワークフロー 運用監視での ・問題の早期特定 ・開発との共同所有 本番稼働環境での ・デバッグを可能 ・テストの実施
  51. 51. 障害分析/診断 改修依頼/情報提供 デプロイ トリアージ / 意思決定 改修/テスト/ビルド 新規アラート アプリ起因と 判断 改修依頼 情報提供 デプロイ 完了 新規の障害 開発者アサイン 情報要請 作業中 解決 / 完了 MTTR の短縮により ビジネス価値の最大化 本番稼働環境での ・デバッグを可能 ・テストの実施 運用監視での ・問題の早期特定 ・開発との共同所有
  52. 52. サイクルタイムと MTTR の短縮化と正しい デプロイメントの実施 課題:  運用準備が整わないソフトウェア  長いデプロイの仕掛かり  開発と運用のワークフローの相違と分離 解決策:  常に運用可能な開発成果物の透明性と追跡可能性  成果物の共同所有  十分検証され、認定された構成とデプロイの自動化と利用 IT 操作を自動化し、 Runbook を共有、 開発プロセス/運用 プロセスを統合する 要求からビルドまで の成果物の透明性と 追跡可能性を 共同所有する
  53. 53. サイクルタイムと MTTR の短縮化と正しい デプロイメントの実施 要求からビルドまで の成果物の透明性と 追跡可能性を 共同所有する IT 操作を自動化し、 Runbook を共有、 開発プロセス/運用 プロセスを統合する 要求 コードタスク テスト バグ 開発ライフサイクルと成果物のトレーサビリティ TFS IT オーケストレーション (Runbook) DB バックアップ サービス デプロイ 本番環境での テスト × ✔ ロール バック DB リストア ビルド
  54. 54. サイクルタイムと MTTR の短縮化と正しい デプロイメントの実施 要求からビルドまで の成果物の透明性と 追跡可能性を 共同所有する IT 操作を自動化し、 Runbook を共有、 開発プロセス/運用 プロセスを統合する 要求 コードタスク テスト バグ 開発ライフサイクルと成果物のトレーサビリティ TFS IT オーケストレーション (Runbook) DB バックアップ サービス デプロイ 本番環境での テスト × ✔ ロール バック DB リストア ビルド 自動ビルド → 自動デプロイ
  55. 55. 常に品質が見える化され 信頼と安心のもとで ビジネス価値の創造と 変更に注力できる 課題:  運用を考慮した設計とテストの欠如  長い開発とテストの仕掛かり  運用準備が整わないソフトウェア 解決策:  継続的インテグレーション / 継続的テストの実施  可能な限り本番稼働環境に近いラボ環境の実現と自動化  常に運用可能な開発成果物の透明性と追跡可能性 継続的にテストを 行えるための 本番稼働環境の情報 と仮想化構成を提供 開発/テストの工程 に依らずにテストを 共同利用し、ラボ 環境で継続的に実施
  56. 56. 常に品質が見える化され 信頼と安心のもとで ビジネス価値の創造と 変更に注力できる 開発/テストの工程 に依らずにテストを 共同利用し、ラボ 環境で継続的に実施 継続的にテストを 行えるための 本番稼働環境の情報 と仮想化構成を提供 開発者によるテスト 自動テスト (ロジック/UI/DB) 継続的インテグレーションによるテスト 自動テスト (ロジック/UI/DB/シナリオ) テスター/ユーザーによるテスト 手動テスト / 自動テスト (シナリオ/UI/パフォーマンスなど) テスト構成 ライブラリ化 本番稼働環境 ラボ環境
  57. 57. まとめ
  58. 58. DevOps 2 1 3 DevOps はムーブメント Dev と Ops の協調による戦略的な IT プラクティスとツールが成熟
  59. 59. Business ビジネス アイデア OpsDev 動くソフトウェア
  60. 60. ビジネスのために、アプリを主役に 器中心のシステム運用からの脱却と進化へ 器: 仮想マシン、XXクラウド
  61. 61. IT 全体を見直す枠組みの確立 Transform the Datacenter サーバー ネットワーク ストレージサーバー アプリ設計を変えられるような進化 アプリケーション開発・実行環境が中心 データインサイト DevOps データからビジネス開発 (業務データとソーシャル) ビジネスのための IT へ 開発と運用の継続性
  62. 62. ソフトウェア開発環境の最新動向と無償出張セミナー http://aka.ms/ALMjp ソフトウェア開発環境の最新動向を 1 ページで! 原理原則 | 事例 | 製品 | 書籍 http://aka.ms/VsPrincipalSeminar 無償で あなたの現場で セミナーを実施できます! DevOps | ALM | Agile | TFS | Visual Studio | DevDiv 事例
  63. 63. ご清聴ありがとうございました ✉ tomohn@microsoft.com Twitter: @tomohn http://SoftwareEngineeringPlatform.com © 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved. ここに記載されている内容は情報の提供のみを目的としており、このプレゼンテーションの発表時における Microsoft Corporation の見解を示すものです。マイクロソフトは市場の変化に対応する必要があるため、この資料の情報は、マイクロソフトの確約とは見なされないものとします。マイクロソフトは、マイク ロソフトは、このプレゼンテーションの発表日以降に提供される情報の正確性を保証するはできません。 明示、黙示または法律の規定にかかわらず、マイクロソフトは、このプレゼンテーションに関する一切の保証を行いません。

×