Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

20160927 okubo mt_cloud_handson

196 visualizaciones

Publicado el

2016年9月27日に開催した Movable Type クラウド版ハンズオンセミナーの資料です。

Publicado en: Software
  • Sé el primero en comentar

20160927 okubo mt_cloud_handson

  1. 1. 2016年9月27日 シックス・アパート株式会社 長内 毅志 Movable Type クラウド版 ハンズオンセミナー
  2. 2. •長内毅志 –2011年~ Movable Typeプロダクトマネージャー –2014年~ ディベロッパーリレーションマネージャー –ダンス、ジョギング、家族が大好きです。
  3. 3. まず最初に –アカウント情報を元に、アクセスできるか確認しましょう
  4. 4. https://goo.gl/Lt7g2z
  5. 5. アジェンダ • Movable Type の特徴 • 管理画面と基本操作 • クラウド版独自の機能を理解する • プラグインとテーマ
  6. 6. Movable Type の特徴
  7. 7. Movable Typeとは • 10年以上利用されているブログ・CMS(通称MT) • MTタグ組み合わせでロジック生成 • テンプレートとDBが完全に分離している (MVCライク) • プラグインで拡張可能 • どんなコードも生成可能
  8. 8. 最新10件のブログ記事をリンク付きで生成 <ul> <MT:Entries limit="10"> <li> <a href="<MT:EntryPermalink>"> <MT:EntryTitle> </a> </li> </MT:Entries> </ul>
  9. 9. 特徴1 •静的生成でhtmlを出力 (スタティックパブリッシング) •動的生成も対応可能 (ダイナミックパブリッシング)
  10. 10. •動的、静的生成どちらも対応することで、様々なサー バー構成に対して柔軟に対応できる
  11. 11. 基本的な構成 公開サーバー兼 CMSサーバー 管理者 閲覧者 (サイト訪問者)
  12. 12. ステージング環境 ステージング サーバー兼 CMSサーバー 公開 サーバー 管理者 閲覧者 (サイト訪問者)
  13. 13. 冗長構成 CMS サーバー 公開 サーバー (冗長構成) ロード バランサ
  14. 14. クラウド環境 –CMSサーバーをVMイメージで構築(Amazon EC2など) –公開ページはコンテンツサーバーで構築 –AmazonS3 (Azure Webサイト) など VMサーバー AmazonEC2など Amazon S3など
  15. 15. 特徴2 •柔軟なテンプレートタグ –四則計算なども可能 •Data API でデータを利用することが可能 –データはJSON形式で出力、RESTで取得可能 –独自アプリも開発可能
  16. 16. Data APIを利用したアプリ例:Movable Type Writer
  17. 17. Data API を利用したアプリ例:Movable Type for iOS
  18. 18. Data API を利用したサイト実装例:東京書籍様
  19. 19. 特徴3 •中小企業から中-大規模企業、官公庁まで幅広い導 入実績
  20. 20. 事例集 •http://www.sixapart.jp/business
  21. 21. Movable Typeの管理画面と 基本操作
  22. 22. 管理画面
  23. 23. ウェブサイトとブログの違い • ウェブサイト… 「サイト」「ホームページ」全体を管理する仕組み • ブログ… ウェブサイトの中にある、更新頻度の高いコンテンツを管理する仕組み 「ブログ」「ニュースリリース」「IR情報」 「新製品紹介」など 参考リンク3: http://www.movabletype.jp/documentation/mt6/websites/
  24. 24. 1つのWebサイトを構成する例
  25. 25. 複数のWebサイトを構成する例
  26. 26. ダッシュボード
  27. 27. 記事の作成 記事 => 新規、もしくは新規作成
  28. 28. ハンズオン •最初の記事を投稿してみましょう
  29. 29. クラウド版独自の機能を理解する
  30. 30. Movable Type クラウド版とは •シックス・アパートがサーバー管理 •管理画面の動作が速く快適 •常に最新版を使用可能 •テクニカルサポート付き •独自機能
  31. 31. MTクラウド版の構成 •nginx+PSGI –管理画面、再構築ともに最適化されている •各種機能を実装 –後述します
  32. 32. nginxとは • Apache、IISに続くシェア (netcraft社、2016/09) • 軽量、高速。メモリ使用量が少ない • デメリットもある(.htaccessが使えないなど)
  33. 33. Movable Typeクラウド版 オリジナル機能の説明
  34. 34. MTクラウドのドキュメント •http://www.movabletype.jp/documentation/cloud
  35. 35. サーバー配信機能
  36. 36. サーバー配信機能とは •MTクラウドで生成したコンテンツを外部のサーバー へ配信して公開する機能 •MTクラウドをステージング環境として利用可能 •FTP(S)で配信
  37. 37. サーバー配信機能 •設定=>サーバー配信
  38. 38. Basic認証
  39. 39. Basic認証でできること •公開しているウェブサイト・ブログに対してBasic認証 の設定ができます •ファイルに対しても設定できます •複数設定が可能です
  40. 40. Basic認証 • ウェブサイトから クラウドサービス=>Basic認証
  41. 41. ハンズオン •ウェブサイト・ブログにBasic認証をかけてみましょう •サイトパスはMTクラウドで利用しているドメインを基 点として 「/」から相対パスで指定します
  42. 42. 設定例 設定例 認証設定したいURL 設定内容 サイト全体に Basic 認証を設定したい http://www.example.com/ / 一部のディレクトリに Basic 認証を設定した い http://www.example.com/secret/ /secret/ 一部のファイルに Basic 認証を設定した い http://www.example.com/secret/file.ht ml /secret/file.html 利用しているMTクラウドのドメインが 「www.example.com」の場合
  43. 43. HTTPリダイレクト
  44. 44. HTTPリダイレクトとは •あるディレクトリやファイルへのアクセスを 、自動的に他のURLに転送する仕組み
  45. 45. HTTPリダイレクト • ウェブサイトから クラウドサービス => HTTPリダイレクト
  46. 46. ハンズオン •ウェブサイトのindex.htmlをYahoo!へリダイレクトして みましょう。 • / => http://www.yahoo.co.jp
  47. 47. 管理画面のセキュリティ設定
  48. 48. ブルートフォースアタック(総当り攻撃) イラスト:「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」より http://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2014.html
  49. 49. ブルートフォースの例 [30/Aug/2014:22:09:48 +0900] "POST /wp-login.php HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-" [30/Aug/2014:22:09:49 +0900] "POST /wp-login.php HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-" [30/Aug/2014:22:09:50 +0900] "POST /wp-login.php HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-" [30/Aug/2014:22:09:53 +0900] "POST /mt.cgi HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-" [30/Aug/2014:22:09:54 +0900] "POST /mt.cgi HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-" [30/Aug/2014:22:09:55 +0900] "POST /mt.cgi HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-" [30/Aug/2014:22:09:56 +0900] "POST /mt.cgi HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-" [30/Aug/2014:22:09:58 +0900] "POST /mt.cgi HTTP/1.0" 200 5529 "-" "-"
  50. 50. コード内の識別情報
  51. 51. 管理画面のセキュリティ設定とは •管理画面のURLを任意に変更することができます
  52. 52. •システム => クラウドサービス => セキュリティ
  53. 53. ハンズオン •管理画面のURLを任意に変更してみましょう •変更後、一度ログアウトして再ログインしましょう
  54. 54. ハンズオン •管理画面にBasic認証を設定してみましょう •管理画面のURLを元に戻しておきましょう
  55. 55. MT環境変数
  56. 56. MT環境変数とは •MTの環境変数を管理画面から設定するこ とができます。 –http://www.movabletype.jp/documentation/append ices/config-directives/ •設定不可能な環境変数もあります –http://www.movabletype.jp/documentation/cloud/specific ations/config-directives.html
  57. 57. •システム => クラウドサービス => MT環境変数
  58. 58. ハンズオン •環境変数 「AssetFileExtensions」にjpgと設定し、.jpg ファイル以外のアップロードを禁止してみ ましょう •.jpgファイル以外がアップロードできるか試 してみましょう
  59. 59. 参考 •AssetFileExtensions –http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/config- directives/assetfileextensions.html
  60. 60. 環境のリストア
  61. 61. 環境のリストアでできること •MTクラウドおよび公開済みのWebサイトのデータをす べて任意の時点の状態に戻す機能
  62. 62. 環境のリストア •システム => クラウドサービス => 環境のリストア
  63. 63. ハンズオン •ウェブサイト・ブログで記事を書いた後、バックアップ データからデータリストアを行ってみましょう •最初の状態に戻っていることが確認できますか?
  64. 64. その他の機能
  65. 65. ディスクの使用量 •現在利用しているディスク容量が一目でわ かるサービス •システム => クラウドサービス => ディスクの使用量
  66. 66. 自動アップデート •MTを自動的に最新版にアップデートする 機能。無効にすることも可能。
  67. 67. サンドボックスサービス
  68. 68. サンドボックスサービスとは •MTクラウドで構築した仮想マシンデータを 複製して使えるサービス
  69. 69. サービス利用料金 ご契約中のプランの月額料金1カ月分(+消 費税) サンドボックス利用可 能期間 お申し込み月の翌月末日まで 申し込み期限 毎月25日まで(25日が休業の場合は直前の 前の営業日) ※ 26日以降のお申し込みは翌月1日のお申 し込み扱いとなります。 作成可能なサンドボッ クスの数 Movable Type クラウド版 1契約につき1つ まで
  70. 70. •http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud/sandbox. html
  71. 71. Movable Type ソフトウェア版との違い
  72. 72. クラウド版でできて、ソフトウェア版でできないこと •サーバー配信機能 •Basic認証 •HTTPリダイレクト •環境リストア(定期バックアップ) •自動バージョンアップ、他
  73. 73. ソフトウェア版でできて、クラウド版でできないこと •ブログの公開パスに制限があります –クラウド版は「/data/file/static」以下のみ –FTPからアクセスすると「/static」ディレクトリのみ確 認できます
  74. 74. .htacessが使えない •.htaccessの設定はできない •各種の代替機能を実装 –リダイレクト –Basic認証
  75. 75. •Movable Type のプログラムファイルの改変はできま せん。 –alt-search、alt-tmpl などの設定は可能
  76. 76. •サーバーへのSSH接続は不許可 –クラウド版は許可していません •一部環境変数は使用できない –StaticWebPathなどのファイルシステム関連 –SQLSetNamesなど、DB関連
  77. 77. その他の制限事項 •http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud/specifica tion.html
  78. 78. ソフトウェア版からの 移行時のポイント
  79. 79. 留意点 •DBデータレベルの移行はできない –MTの標準機能「バックアップと復元」を基本とした移行を –移行後は「blogId」の変更に注意
  80. 80. 例 •MT5のサイトデータ移行 1. MT5のバックアップデータをMT5でバージョンを合わせて復元 1. バージョンに注意(5.13=>5.13など) 2. MT5からMT6へバージョンアップ 3. MTクラウドへ投入
  81. 81. コメントやトラックバックがない場合 •MTのテーマ機能+データのエクスポートによる移行も 選択肢
  82. 82. 移行用のテンプレート •「バックアップと復元」や「エクスポート」が使えない場 合、テンプレートを利用したデータ作成という手があ る –https://github.com/movabletype/mt- recipes/blob/master/Export%20entry%20data%20in%20MT%20for mat.md
  83. 83. 留意点 •nginx+PSGIという環境 –Apacheの機能を多用したサイトの移行には注意が必要 –MTクラウドのリダイレクト・ベーシック認証をうまく活用
  84. 84. 価格
  85. 85. IDCフロンティアプラン
  86. 86. 購入方法(仕入方法)
  87. 87. 購入経路 エンドユーザー様 ECバイヤーズ/ソフトバンクC&S Movable Type クラウド版 制作・開発会社
  88. 88. 購入方法 1. ECバイヤーズ(ECサイト)からの購入 2. 既存の取引先からの購入
  89. 89. ECバイヤーズ(ECサイト)からの購入 • http://www.ecbuyers.com/sixapart/catalog/?cPath=6_91&prmcd=mt6_ cl_sa_20131017
  90. 90. ECバイヤーズとは • ソフトバンク・テクノロジー(株)が運営するECサイト • 個人でも企業でも購入可能 • 標準価格での販売
  91. 91. 既存の取引先からの購入 • MTクラウドは、ソフトバンク コマース&サービス株式会社を経由し て、一般に流通していますので、ソフトバンク コマース&サービス 株式会社と取引口座を持つ販売会社から購入可能 • 販売価格は各販売会社へご確認ください
  92. 92. ソフトバンク コマース&サービス社様からの仕入れ • http://bbwebmarketing.jp/
  93. 93. MTコミュニティとイベント
  94. 94. • MT蝦夷 • MT東北 • MT東京 • MTなごや • MT愛媛 • MT鹿児島 • MT関西 • MT広島 • MT福岡 • MT長野 • MT ∗/ NIIGATA(新潟) • MT SAGA • MT熊本
  95. 95. MTDDC Meetup TOKYO 2015
  96. 96. MTDDC Meetup TOKYO 2016 •2016年11月12日(土)開催
  97. 97. 各地で勉強会開催中 •ぜひご参加ください!
  98. 98. Any Questions?

×