Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Webサーバ勉強会

1.511 visualizaciones

Publicado el

Publicado en: Tecnología, Empresariales
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

Webサーバ勉強会

  1. 1. netmark.jp all rights reserved webサーバ勉強会 馬場 俊彰 toshiaki@netmark.jp 2010年11月2日火曜日
  2. 2. netmark.jp all rights reserved 自己紹介  馬場 俊彰(ばば としあき) @toshiak_netmark  株式会社ハートビーツ 技術統括責任者(CTO)  現職:  インフラエンジニア 前職:  Webシステム開発(Java) 前々職: インフラエンジニア  得意分野 − Webシステムのアーキテクチャ全般 − Webシステムのインフラ全般の構築・設定・チューニングなど (ハードウェア、ネットワーク、OS、ミドルウェア) − インターネットサービスに関わる技術要素全般  hbstudy主催 - インフラエンジニア向け勉強会 2010年11月2日火曜日
  3. 3. netmark.jp all rights reserved hbstudy  宣伝です  インフラの濃い方々特有の面白さがありますよ http://heartbeats.jp/hbstudy/ @hbstudy 2010年11月2日火曜日
  4. 4. netmark.jp all rights reserved 77-81:いろいろ 2010年11月2日火曜日
  5. 5. netmark.jp all rights reserved 77 Include conf.d/*.conf 78 User apache 79 Group apache 80 ServerAdmin root@localhost 81 UseCanonicalName Off 2010年11月2日火曜日
  6. 6. netmark.jp all rights reserved 77 Include conf.d/*.conf  別の設定ファイルを読み込む  ワイルドカードを使える  fnmatch()でマッチングする  ワイルドカード使うと、アルファベット順に読む  ディレクトリを指定すると、再帰的にファイルを探索 ※バックアップファイルなども読んでしまい、  トラブルになりやすいので非推奨  絶対パス or ServerRootからの相対パスが使える http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#include 2010年11月2日火曜日
  7. 7. netmark.jp all rights reserved 78 User apache 79 Group apache  apacheを稼働させるユーザ/グループを指定する  名前(User apache) or ID(User #999)で指定  ※rootを指定するのはsecurity的に危ないので   極めてからにすること  VirtualHostディレクティブでは使えない  VirtualHostディレクティブでは   SuexecUserGroupを使うノデス http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/mpm_common.html#user http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/mpm_common.html#group 2010年11月2日火曜日
  8. 8. netmark.jp all rights reserved 80 ServerAdmin root@localhost  エラーメッセージに表示する 「サーバ管理者の連絡先」を指定  URLかメールアドレスを指定可能  URLっぽくない場合、エラー画面では   mailto:をつけてリンクにしてくれる  URLにするなら別のサーバでホストしているURLにしようね  うっかりすると・・・・   エラー → 連絡したい → 連絡先のURLがエラー →・・・ http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#serveradmin 2010年11月2日火曜日
  9. 9. netmark.jp all rights reserved 81 UseCanonicalName Off  Configures how the server determines its own name and port (On¦Off¦DNS)  自己参照URLの決定のために利用   →URLの最後の / 有無のリダイレクトの挙動に影響  SERVER_NAME、SERVER_PORT変数の設定値に影響  On: ServerNameディレクティブで指定されたものを利用  Off(default): クライアントから渡された値を利用  DNS: DNS逆引きして決定  IPベースバーチャルホスト    + Hostヘッダを渡してくれないクライアント用 http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#usecanonicalname 2010年11月2日火曜日
  10. 10. netmark.jp all rights reserved 81 UseCanonicalName Off つづき  たとえば・・・  外部から http://global/somedir/ にアクセスできる  apacheは192.168.0.1:8080で待ち受け  <VirtualHost _default_:*>  ServerName backend:8080 このとき、 http://global/somedir にアクセスがきた場合の リダイレクト先  On: http://backend:8080/somedir/  Off: http://global/somedir/  DNS: 192.168.0.1を逆引きして決める 2010年11月2日火曜日
  11. 11. netmark.jp all rights reserved おまけ UseCanonicalPhysicalPort  Configures how the server determines its own name and port・・・イッショジャン  ポート番号の探索順の操作をします http://httpd.apache.org/docs/2.2/en/mod/core.html#usecanonicalphysicalport UseCanonicalName On • Port provided in Servername • Physical port • Default port UseCanonicalName Off | DNS • Parsed port from Host: header • Physical port • Port provided in Servername • Default port With UseCanonicalPhysicalPort Off, the physical ports are removed from the ordering. 2010年11月2日火曜日
  12. 12. netmark.jp all rights reserved おしまい 2010年11月2日火曜日

×