Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

組織やチームの問題解決どうしていますか?

Developers Summit 2017 KANSAI
Sat 8th Sep. 2017

  • Inicia sesión para ver los comentarios

組織やチームの問題解決どうしていますか?

  1. 1. 組織やチームの問題解決 どうしていますか? Developers Summit 2017 KANSAI Sat 8th Sep. 2017
  2. 2. TOUGH QUESTION 職場は快適ですか?
  3. 3. 問題定義 チームで振り返りをしているとチーム外の問題も出てく るけど、どう扱おう? 年数回の目標面談で上司に聞かれたので答えた困ってい ること、あれどうなった?
  4. 4. 問題定義 組織の問題はかかえたままで、プロジェクトだけをうま く前に進め続けるのはちょっとしんどい。 でも、手を付けたいがどこから手をつけたら良いのか?
  5. 5. どんな方が対象? •プロダクトだけじゃなく、職場の課題や問題も上手に扱 いたい •(下心で)プロダクトへ未経験のスクラムを使うのはリス クが高くてまだ試していないが、どこかで経験したい
  6. 6. 自己紹介 Toshiyuki Ohtomo Cafigla LLC. 主な社外活動: 京都アジャイル勉強会@toshiotm 主な活動: • プログラマ • スクラムマスター • IT/非IT会社へスクラムを適応中 (奮闘中)
  7. 7. はじめかた • きっかけづくり • プロダクトオーナーを決める • チームを決める • スクラムマスターを決める • プロダクトバックログを作る
  8. 8. スクラムおさらいざっくり
  9. 9. はじめかた • きっかけづくり • プロダクトオーナーを決める • チームを決める • スクラムマスターを決める • プロダクトバックログを作る
  10. 10. きっかけづくり まずは、自分がこの範囲の見通しが良くなったら、快適だ なと思える範囲での組織・チームでよいのでそこから始め る。 はじめかた
  11. 11. 一つ一つの問題の前に、 そもそも自分たちは、完璧ではない。 問題をかかえているということをあえて声に出して認識 する 問題があるのに、公の場で問題があるということを言え ない関係が問題 きっかけづくり はじめかた
  12. 12. 最初に最悪を共有する 最初に最悪の事態を共有しておけば、あとはやるのみ。 何も変わらないことが、一番の問題。 ワンポイント
  13. 13. 最初に最悪を共有する 最初に最悪の事態を共有しておけば、あとはやるのみ。 何も変わらないことが、一番の問題。 続けていると、 「やってダメだったらまた改善したらいい じゃん」 チームが言い始める ワンポイント
  14. 14. 失敗の種類 防ぐことの出来る失敗 複雑な失敗 知的な失敗 非難される 賞賛される プロセスからの逸脱 複雑なシステムにおける 不確実性 失敗に終わった試み チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ ワンポイント
  15. 15. はじめかた • きっかけづくり • プロダクトオーナーを決める • チームを決める • スクラムマスターを決める • プロダクトバックログを作る
  16. 16. プロダクトオーナーを決める はじめかた 決済権のある人 • 決済可能額は1万円とかで良いので、ちょっと した費用がかかる問題解決策にGOをだせる人 人事権のある人 • (大げさな話ではなく)この取組に人を割り当 てることができる(もしくは調整できる)人
  17. 17. はじめかた • きっかけづくり • プロダクトオーナーを決める • チームを決める • スクラムマスターを決める • プロダクトバックログを作る
  18. 18. チームを決める はじめかた 招集兵よりは志願兵であること 熱心であること Software in 30 Days スクラムによるアジャイルな組織変革
  19. 19. はじめかた • きっかけづくり • プロダクトオーナーを決める • チームを決める • スクラムマスターを決める • プロダクトバックログを作る
  20. 20. スクラムマスターを決める はじめかた
  21. 21. スクラムマスターを決める はじめかた あなたです!
  22. 22. はじめかた • きっかけづくり • プロダクトオーナーを決める • チームを決める • スクラムマスターを決める • プロダクトバックログを作る
  23. 23. スクラムおさらいざっくり
  24. 24. プロダクトバックログを作る まずは、ちょっとしたことでも良いので、感じている問 題や課題を出し合う はじめかた
  25. 25. プロダクトバックログを作る ・部屋が暑い ・部屋が寒い ・午後から部屋の空気が悪い(におう、、、) ・お給料がすくない(笑 ・ずっと同じプロジェクトばかりやっている はじめかた ある現場 の例
  26. 26. プロダクトバックログを作る ・残業が多い ・現場の写真を取るのが大変 ・資料作成のフォーマットが統一されていない はじめかた ある現場 の例2
  27. 27. プロダクトバックログを作る ・モチベーションが上がらない ・割り込みタスクが多すぎて計画できない ・会社のビジョンがわからない はじめかた ある現場 の例3
  28. 28. プロダクトバックログを作る はじめかた 玉石混交 、、、
  29. 29. プロダクトバックログを作る はじめかた かんたんそうに見えるからといって、 雑多な問題をバッタバッタと やっつけてしまうと、、、
  30. 30. 価値観の衝突 価値観は私たちが心に大切にしまっている信念であり、 他人に簡単に片付けられてしまうと、たとえ故意ではな かったとしても、私たちは強い感情を持って対応してし まう。 チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ ワンポイント
  31. 31. 価値観の衝突 ワンポイント 司会役の人が出てきた問題に対して、簡単に解決策を出 してしまう。 特にそのチーム内のマネージャー、リーダーが司会役を やっている場合など。 そうすると問題を出した人が、だんだん発言しなくなる。
  32. 32. 今ここで必要な謙虚さ 問いかける技術 ― 確かな人間関係と優れた組織をつくる 司会役の人がコントロールすべきは会議の進行であって、 話し合いの中身ではない。 問いかける技術 ― 確かな人間関係と優れた組織をつくる ワンポイント 価値観の衝突 では、どうする?
  33. 33. Team Geek 価値観の衝突 ワンポイント
  34. 34. プロダクトバックログを作る ・部屋が暑い ・部屋が寒い ・午後から部屋の空気が悪い(におう、、、) ・お給料がすくない(笑 ・ずっと同じプロジェクトばかりやっている はじめかた
  35. 35. プロダクトバックログを作る 優先順位を決めて、取り掛かっていきたいけど 玉石混交すぎて、どれから手を付けていけばよいか?? はじめかた
  36. 36. プロダクトバックログを作る 優先順位を決めて、取り掛かっていきたいけど 玉石混交すぎて、どれから手を付けていけばよいか?? はじめかた 何か切り口は ないか?
  37. 37. 二要因理論 衛生要因 動機づけ 要因 イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ ワンポイント
  38. 38. 二要因理論 衛生要因 動機づけ 要因 仕事には少しでも欠ければ不満につながる 要因 イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ 外からの働きかけや刺激とはほとんど関係 がなく、自分自身の内面や仕事の内容と大 いに関係 ワンポイント
  39. 39. 二要因理論 衛生要因 動機づけ 要因 仕事には少しでも欠ければ不満につながる 要因 • ステータス • 報酬 • 職の安定 • 作業条件 • など イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ 外からの働きかけや刺激とはほとんど関係 がなく、自分自身の内面や仕事の内容と大 いに関係 • 興味深くやりがいがある • 職業的に成長できる • 責任や権限を拡大する機会を与えてくれる • など ワンポイント
  40. 40. 二要因理論 衛生要因 動機づけ 要因 仕事には少しでも欠ければ不満につながる 要因 イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ 外からの働きかけや刺激とはほとんど関係 がなく、自分自身の内面や仕事の内容と大 いに関係 ワンポイント 不満がある ↔ 不満がない 満足していない ↔ 満足
  41. 41. プロダクトバックログを作る ・部屋が暑い ・部屋が寒い ・午後から部屋の空気が悪い(におう、、、) ・お給料がすくない(笑 ・ずっと同じプロジェクトばかりやっている はじめかた
  42. 42. プロダクトバックログを作る ・部屋が暑い ・部屋が寒い ・午後から部屋の空気が悪い(におう、、、) ・お給料がすくない(笑 ・ずっと同じプロジェクトばかりやっている はじめかた 衛生要因 動機づけ 要因
  43. 43. プロダクトバックログを作る 問題が解決したら 不満がなくなるものなのか、 満足するものなのかを考えてみる はじめかた
  44. 44. プロダクトバックログを作る 「衛生要因」も「動機づけ要因」もどちらも重要。 だけど、最終的には「動機づけ要因」をどん どん満たして満足度が高い組織にしたい! はじめかた
  45. 45. プロダクトバックログを作る 「衛生要因」も「動機づけ要因」もどちらも重要。 だけど、最終的には「動機づけ要因」をどん どん満たして満足度が高い組織にしたい! はじめかた プロダクトと一緒で、不具合修正だけしていても お客様の価値は上がらないので、 既知の不具合を0にして、アイデアをどんどん実現していき たい
  46. 46. プロダクトバックログを作る 午後から部屋の空気 が悪い (におう、、、) はじめかた 例えばこれ
  47. 47. プロダクトバックログを作る はじめかた このままだと手を付けられないので ときほぐしてみる 午後から部屋の空気 が悪い (におう、、、)
  48. 48. 根本原因分析 はじめかた プロダクトバックログを作る カンバン仕事術 午後から部屋の空気 が悪い (におう、、、)
  49. 49. … なぜ、換気 しないの? なぜ、開け られないん だろ? なぜ、上長 は駄目って 言ったんだ ろう? 部屋の窓を開 けられないん です 以前、上長が 駄目って言っ てました 午後から部屋 の空気が悪い 根本原因分析 はじめかた プロダクトバックログを作る なるほど なるほど なるほど
  50. 50. … なぜ、換気 しないの? 午後から部屋 の空気が悪い なぜ、開け られないん だろ? なぜ、上長 は駄目って 言ったんだ ろう? 部屋が狭いの に窓を開けら れないんです 以前、上長が 駄目って言っ てました 「根本原因分析」をすると ルールを守っているけれど、 なぜルールになったのかを知らない ことも多々出てくる 根本原因分析 はじめかた プロダクトバックログを作る
  51. 51. … なぜ、換気 しないの? 午後から部屋 の空気が悪い なぜ、開け られないん だろ? なぜ、上長 は駄目って 言ったんだ ろう? 部屋が狭いの に窓を開けら れないんです 以前、上長が 駄目って言っ てました 社内のルールを見直して、 不満のない環境をつくれないか 根本原因分析 はじめかた プロダクトバックログを作る
  52. 52. プロダクトバックログを作る ・残業が多い ・現場の写真を取るのが大変 ・資料作成のフォーマットが統一されていない はじめかた
  53. 53. プロダクトバックログを作る 資料作成のフォーマッ トが統一されていな い はじめかた 例えばこれ
  54. 54. 出来ますが、 統一する時間 が取れないん んです、、 統一されて いないと何 が問題? 資料作成の フォーマット が統一されて いない 元になるも のが必要な んですね。 そもそもフォー マットは統一出 来るものですか? 次に作る時に どれを元にし ていいかわか らない 必須の項目が あるので、そ れが抜けてし まうと困る 根本原因分析 はじめかた プロダクトバックログを作る なるほど なるほど なるほど
  55. 55. 出来ますが、 統一する時間 が取れないん んです、、 統一されて いないと何 が問題? 資料作成の フォーマット が統一されて いない 元になるも のが必要な んですね。 そもそもフォー マットは統一出 来るものですか? 作る時にどれ を元にしてい いかわからな い 必須の項目が あるので、そ れが抜けてし まうと困る 根本原因分析 はじめかた プロダクトバックログを作る
  56. 56. 改善に使える時間がない、、、 はじめかた プロダクトバックログを作る 根本原因分析
  57. 57. DONE IS BETTER THAN PERFECT. ワンポイント
  58. 58. PERFECTと思っている解決策のアイデアも仮説にすぎな い なので まずはDONEできるコストが少ない別の解決策のアイデア から試してみる DONE IS BETTER THAN PERFECT. ワンポイント
  59. 59. 効 果 時間 高 低 すぐ出来ないすぐ出来る PERFECT は時間が かかりがち DONE IS BETTER THAN PERFECT. ワンポイント
  60. 60. 効 果 時間 高 低 すぐ出来ないすぐ出来る ちょっと効果は 下がるけどまずは、 DONE出来ないか 考える DONE IS BETTER THAN PERFECT. ワンポイント
  61. 61. 効 果 時間 高 低 すぐ出来ないすぐ出来る 少しずつ時間を かけて改善していく 終わりはない… こっちのアイデア から初めて DONE IS BETTER THAN PERFECT. ワンポイント
  62. 62. 挙がった問題: 資料作成時に漏れがないように、他の人のフォーマットを参考にし たいけど、皆んなそれぞれ違っていて、新規に作る時にどれを参考 にしていいかわからない、、、 PERFECT: 資料のフォーマットを皆んなで考えて統一されたフォーマットを作 る! DONE: 統一フォーマットを作る時間はないから、まずはチートシート(カ ンニングペーパー)を作って、必須項目が入っているかチェック出 来るようにしよう! 根本原因分析 はじめかた プロダクトバックログを作る
  63. 63. バックログで取り組むものは、 完璧であるよりも、まずは終わらせられるほうがいい ということは、どういうことか? プロダクトバックログを作る はじめかた
  64. 64. バックログで取り組むものは、 完璧であるよりも、まずは終わらせられるほうがいい ということは、どういうことか? 改善しつづけるということ プロダクトバックログを作る はじめかた
  65. 65. 完璧に出来ないからやらない、だともったいないので 完璧じゃないけどやってみる。 で、うまくいかないところがでたら、 また問題として共有する プロダクトバックログを作る はじめかた
  66. 66. 問題がある事自体は問題ではなく 問題を皆んなで共有できていないこ とが問題 まとめ
  67. 67. まずは、組織の問題を共有する文化 を作ることが大事 まとめ
  68. 68. 組織の問題が無くなることはないが 組織の問題をうまく扱えるようには なれる まとめ
  69. 69. 皆さんの会社のバックログには 何が書かれていますか? まとめ
  70. 70. プロダクトと同様に、 会社のバックログもどんどん育てて いって、快適な職場にしていきたい まとめ いけるといいなぁー
  71. 71. 組織やチームの問題解決 どうしていますか? Developers Summit 2017 KANSAI Sat 8th Sep. 2017 おしまい

×