Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

OpenStack Summit Vancouver Swift 報告

697 visualizaciones

Publicado el

OpenStack Summit Vancouverの報告です。特にSwiftの動向について紹介します。

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

OpenStack Summit Vancouver Swift 報告

  1. 1. Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. OpenStack Summit Vancouver Swift 報告 (2015/6/10) Kota Tsuyuzaki [IRC: kota_] tsuyuzaki.kota@lab.ntt.co.jp NTT Software Innovation Center Copyright(c)2009-2015 NTT CORPORATION. All Rights Reserved.
  2. 2. 2Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential • OpenStack Swift • Swift Erasure Code • Basic Concept • Benefits • PUT/GET path • Reconstructor • Community Activity • What’s next? • Encryption • Storlets • Hamming bird (Go) • EC follow work アジェンダ
  3. 3. 3Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential • OpenStack Swift • Swift Erasure Code • Basic Concept • Benefits • PUT/GET path • Reconstructor • Community Activity • What’s next? • Encryption • Storlets • Hamming bird (Go) • EC follow work アジェンダ
  4. 4. 4Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential • Heading Cats at Vancouver Summit • https://goo.gl/iWUw91 OSSのコミュニティ活動をする全ての人に
  5. 5. 5Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential 以上です
  6. 6. 6Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential というとさすがにマズそうなので…
  7. 7. 7Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential [プロフィール] 氏名:露﨑 浩太 (29) Launchpad: tsuyuzaki-kota IRC: kota_ 所属:日本電信電話株式会社 (NTT) ソフトウェアイノベーションセンタ (R&D部門) [OpenStack Swiftとの関わり] 2012~: 社内のSwift関連のお仕事を開始 2014 Atlanta: Design Summit提案 2014 Paris: Design Summit提案 2015 Vancouver: パネルディスカッション Design Summit提案 2015/6/4 Swiftのコアチームに入りました 自己紹介 バンクーバー パネルディスカッションの様子
  8. 8. 8Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential • Swift Erasure Code • What’s next? • Encryption • Storlets • Hamming bird (Go) • EC follow work アジェンダ
  9. 9. 9Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential • Erasure Codes in OpenStack Explained (Japanese Subscription) • https://youtu.be/I0HytEfQzjw Swift Erasure Code
  10. 10. 10Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential Encryption:https://goo.gl/JxETay • IBM, HPがメインに開発 • オブジェクト本体、各ユーザメタデータを対象にサーバ側で暗号化を行う • PUT/GETの基本的な実装は完了しておりデモとして見せられる程度には動作 可能で、Libertyまでに導入の確度は高い • COPYの際のRe-EncryptionなどのケースでFunctionalテストがFailしており、 どう解くかが課題 • KeyマネージメントのセキュリティについてはTrivialでUnsecureなリファレ ンスモデルとしてOSSでメンテナンスする方向 Storlets: https://goo.gl/ypqCRE • IBMのSwift上での処理基盤デプロイフレームワーク • 既に保存された動画、画像などを後からストレージ側で処理することが可能 • どのように制御するか、異常系処理やテストをどうするかなど、机上での課題 を議論 • IBMから動作するOSSとして出てきているのでLiberty向けには各社実験して みて今後を検討しようという方向 What’s next? (1/2)
  11. 11. 11Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential Hummingbird(Go): https://goo.gl/ER6G4e • RackSpaceがメインに開発 • Object-Serverをコンパイル言語であるGoで書きなおしたのをメインラインで管理したいという提案 • RackSpaceの 6 cluster 100PB以上、50billion objects以上、10k+requests /secondという規模 でオブジェクトサーバーのCPUが問題になるため書き直したとのこと • Go書くことでパフォーマンスを得られる反面、Swiftが今までウリにしていたExtensibility(ミドル ウェアやDiskFile抽象化)の部分がほとんど失われるのでコミュニティ的には慎重に検討 • 置き換えはない、あるとすれば共存というスタンスでStorlets同様検証していく EC Overview, EC follow on work: https://goo.gl/eLIJYf https://goo.gl/El0EI9 • KiloでBetaリリースされたECの紹介、及び、今後の活動の議論 • 提案していたDurability CalculatorがAssociated Project[1]になりました • SwiftのコミュニティとしてはLibertyまではQA期間として異常系のフォローやコード改善に取り組む • 主な予定 • DiskFileのCleanup • ディスク故障時のHandoff対応 • Rebalance時のデッドロック回避 • Global Cluster対応 What’s next? (2/2) 1:https://github.com/enovance/swift-durability-calculator 2: http://d.not.mn/ec-v-repl.png SwiftStack社のSwft-EC性能測定結果 [2]
  12. 12. 12Copyright©2015 NTT Corp. All Rights Reserved. NTT Confidential 質疑応答 tsuyuzaki.kota@lab.ntt.co.jp IRC: kota_

×