Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

228gods

  • Inicia sesión para ver los comentarios

  • Sé el primero en recomendar esto

228gods

  1. 1. 1 起 き 源 げん 歴 れき 世 せい 数 すう 百 ひゃく 年 ねん い降、台 たい 湾 わん では数 かず 多 おお い人の民 みん 族 ぞく 英 えい 雄 ゆう が 現 あらわ れ、台湾 たいわん の国 くに づく りや守 しゅ 護 ご のために征 せい 服 ふく 者 しゃ によって土匪 ど ひ 、暴民 ばうみん 、叛乱 はんらん の汚 お 名 めい を着 き せ受 う け弾 だん 圧 あつ 迫 はく 害 がい され神 かみ 様 さま に 導 みちび かれて成 せい 就 じゅ し、無 む 形 けい の 力 ちから で廻 かい 転 てん して、今 いま では台 たい 湾 わん の子 し 々 し 孫 そん 々 そん を 守 しゅ 護 ご し自 じ 由 ゆう 法 ほう 治 ち に民 みん 主 しゅ の大 だい 方 ほう 向 こう に歩 あゆ む、望 のぞ んで台 たい 湾 わん を世 せ 界 かい に誇 ほこ る民 みん 主 しゅ の国 くに に 成 せい 立 りつ せる。 征 せい 服 ふく 者 しゃ は台 たい 湾 わん にで ” “ 忠 ちゅう 烈 れつ 祠 じ ”日 に 本 ほん の国内 こくない には靖 やす 国 くに 神 じん 社 じゃ があり、台 たい 湾 わん 人 じん は 根 ね 強 づよ く台 たい 湾 わん 精 せい 神 しん をたがやすために謹 きん 厳 げん に台 たい 湾 わん 忠 ちゅう 烈 れつ 英 えい 霊 れい を 奉 たてまつ て感 かん 謝 しゃ の 心 こころ を ささげ台 たい 湾 わん のために血 ち を流 なが し 命 いのち までも犠 ぎ 牲 せい した大 おお きなる愛 あい に 敬 うやま いあがめな さい、台 たい 湾 わん のもろもろ子 し 々 し 孫 そん 々 そん は、彼 かれ らを各 かく 家 か 庭 てい に 奉 たてまつ り、台湾 たいわん の御 み 霊 たま にか すかの中 なか 加 か 護 ご を求 もと めゆだね、国 くに と民 たみ に永 えい 遠 えん に香薫 か お る ように変わりなく続 つづ けて栄 えい あれ。 台湾 たいわん 人は台 たい 湾 わん 神 かみ に祈り拝 おが み、 力 ちから の限 かぎ りをつくして信 しん 仰 こう に徳 とく を加 くわ え、台湾 たいわん 人にへりくらる者 しゃ に 恵 めぐみ を賜 たま う敬虔 けいけん の 心 持 こころもち で先民 せんみん たちの 忠 誠 ちゅうせい な台湾 たいわん の守 しゅ 護 ご と国 くに づくりの精神 せいしん この天命 てんめい を伝 でん 承 しょう し、生 い きている時 とき は自 じ 分 ぶん の 務 つとめ を 全 まっと し、死 し までも台湾 たいわん の民主 みんしゅ と国 くに づくりに奮闘 ふんとう し、しかと、わたしたちの子 し 孫 そん に限 きり なく続 つづ きそして種族 しゅぞく の災難 さいなん と絶滅 ぜつめつ を免 まね く。 大 だい 地 ち 講堂 こうどう 伝 でん 示 じ 於 にて 2004 年 2 月 28 日
  2. 2. 2 大 たい 義 ぎ にて書文 しょぶん を明 あか す この書文 しょぶん は天運 てんうん に応 おう じて時 じ 世 せい の転回 てんかい にて世 せ 間 けん に言 い い伝 つた えられ、それに 蓬莱 ほうらい 台湾 たいわん にいましめを示 しめ し、天理 て ん り はあきらかに善 ぜん と悪 あく を見 み 分 わけ し、なみのわた したち台湾 たいわん のもろ民 たみ は、この書文 しょぶん によって、みずに 戒 いまし めみずにひかへるそし て台湾 たいわん 人の未 み 来 らい を共 とも にはじめ、台湾人 たいわんじん は 必 かなら ずに台湾 たいわん の 道 おしえ を歩 ある く、それゆえ に台湾 たいわん を認 みと め、願 ねが って台湾 たいわん と生 せい 死 し を共 とも にする人は、必 かなら ず台湾神 たいわんかみ の加 か 護 ご を得 え り、 天命 てんめい をなが続 つづ きに受 う け、その後 ご は 福 さいわい と栄光 えいこう あり。 228台湾 たいわん 英霊 えいれい 伝 でん 示 じ 於 にて 2004 年 2 月 28 日 第 だい 一 いっ 章 しょう 報 むく い 禍 わざわい と 福 さいわい は無 む 差 さ 別 べつ に、人々 ひとびと はみずから招 まね き善 ぜん と悪 あく の報 むく いは、影 かげ のごと く附 づ きそい、二二八の犠 ぎ 牲 せい があがなく、それで今日 き ょ う の台湾 たいわん に前 ぜん 業 ぎょう の報 むく いが続 つづ き、天地 て ん ち の 過 あやま ちを 司 つかさど る神様 かみさま がすべての犯 おか した罪 つみ や 過 あやま ちをおぼむねに計 はか ら い貧苦 ひ ん く 或 あるい は患難 かんなん の刑罰 けいばつ と 禍 わざわい は権 力 けんりょく のある者 もの から富 と んでいる者 もの も免 めん じるこ となく、始 はじめ から終 おわ りに、かれるまで、扱 あつか い尽 つ くし亡 なく なりましたなるまでに、 わたしたち台湾 たいわん の御霊 み た ま は、天 あま の旨 むね によって時世 じ せ い に 現 あらわ れ受 う けた務 つと めをよく果 は た すように。 第 だい 二 に 章 しょう 鑑察 かんさつ 司 つかさ の 位 くらい の鑑察 かんさつ 、台湾 たいわん 神様 かみさま は、無 む 上 じょう 菩 ぼ 薩 さつ の 位 くらい に就 つ くし、人 ひと の世 よ に 従 したが っ て、すべて頭 ず 上 じょう にいて、台湾 たいわん を 叛 むほん する者 もの 、その罪 つみ を記 き 録 ろく し、また三 さ 尸 んし の神様 かみさま は、人 ひと の身 み にて月 つき の朔日 ついたち と十五日 じゅうごにち こなしはたすように御旨 むね を下 くだ され。時 じ 世 せい の
  3. 3. 3 災 わざわ におびやかされて救 すく う 司 つかさ 神様 かみさま は、台湾 たいわん に反 はん する言葉 こ と ば や謀叛 む ほ ん の罪 つみ を、日夜 に ち や の 司 つかさ 神様 かみさま に事 こと ごと報 しら せ、その悪 行 あくぎょう と悪 状 あくじょう は遁 のが れずに 現 あらわ れる。 第 だい 三 さん 章 しょう 国 くに づくり 数 百 年 すうひゃくねん い降 こう 、台湾 たいわん 人 じん は迫害 はくがい をうけ、 自 みずか らひくみになれ、奴 ど 隷 れい 化 か に馴 なれ さ れて道徳勇気 ど うとく ゆうき を 失 うしな い民主 みんしゅ 人権 じんけん の 教 養 きょうよう は乏 とぼ しく、 道 おしえ があれば進 すす みなけでば 後 うしろ に 退 しりぞ き、進退 しんたい には仕 し 様 よう と 法 でだて がなく、御 み 霊 たま は心を痛 いた め、国 くに を憂 うれ い、生前 せいぜん は 勇 ゆう 士 し 、亡 な き後 あと は英 えい 霊 れい となり、この 劫 きょう の巡 めぐ りにまわりあわせ、もろもろの御 み 霊 たま は下 げ 界 かい にて、子 し 孫 そん に 誡 いまし め、時機 じ き は緊迫 きんぱく にて国 こっ 家 か は家 いえ 、それゆえに国 こっ 家 か がなけ でば家 いえ もなくなる、台湾 たいわん を認 みと め蓬莱 ほうらい に適 てき して善 ぜん と悪 あく を分別 ぶんべつ して、 邪 よこしま にかた よらずに台湾 たいわん の国 くに づくりの 力 ちから を積 つみ 立 た て民主 みんしゅ をめぐむ人権 じんけん は悲 ひ 願 がん であまねく をまことな、大 だい なる愛 あい 、すなはち天 てん 地 ち の正義 せ い ぎ は あなたらとおなじにいる貧 まず し い者 もの を片 かた よってかばい台湾 たいわん を衛 えい 護 ご し、たしかに道 どう 徳 とく 勇 ゆう 気 き を堅 かた 気 ぎ にながびかし、 台湾 たいわん では五 ご 族 ぞく の民 たみ が 共 きょう 益 えき に 互 たがい に傷 きず つけづに、そしてやはり民主 みんしゅ 人権 じんけん をあが める、無 む 主 しゅ の土地 と ち と国なき民は、ひきづづいて滅 ほろ び 美 うつく しい、いろどりがすぐ さまに灰 はい に帰 き しめ 破 は 滅 めつ し、そして煉獄 れんごく の 形 かたち が影 かげ にみえ、 瞬 しゅん 間 かん に血のなま ぐさしがにおい、いかに遁 のが よう、いかに隠 かく れよう。 第 だい 四 よん 章 しょう 牧者 ぼくじゃ 台湾 たいわん は衛 えい 護 ご する人は、天人 てんにん 共 とも に皆 みな に 敬 うやま され、吉 きっ 祥 じょう に附 つ きそわれ、邪悪 じゃあく は 遠 とお く離 ばな れ、御 み 霊 たま に加護 か ご され、その 行 おこな いは民主 みんしゅ の正 ただ しい道 みち に 導 みちび かれて、天 てん 地 ち 自 し 然 ぜん の道 どう 理 り に 従 したが い、台湾 たいわん 大 だい 菩 ぼ 薩 さつ の 成 じょう 就 じゅ にむくい、この修 しゅ 行 ぎょう を 真 まこと に 行 おこな い、こ れは願 がん 力 ちから を実践 じっせん する牧者 ぼくじゃ である。
  4. 4. 4 第 だい 五 ご 章 しょう 業 ぎょう の報 むく い おろそかに非議 ひ ぎ に動 うご されて、天 てん 理 り と 良 りょう 心 しん の 行 おこな いに背 そむ き、忠義 ちゅうぎ で善 ぜん 良 りょう な 人を迫害 はくがい し、他 た 人 にん の名 めい 誉 よ 等 だ をきずつけて、そそのかすそして理 り を非 ひ に曲 ま げる ことをてがらにし、真相 しんそう をいつはりかたる、 邪 よこしま のはたらきを 行 おこな い、民 たみ の 心 こころ に背 む 叛 は ん し知 ち 識 し き のない者 も の を欺 あざむ きだますかぎりのない口 く ち の業 ご う 、心 こころ の業 ご う 、身 み の業 ご う を こしらへる、その 邪 よこしま の行 おこな いと悪 あく は、必ずあきらかにいたましい因 い ん 果 が をよび報 む く い、ある人ははじめから民主 みんしゅ に心がひがむまちがへた人権 じんけん を 導 みちび き、 良 りょう 心 しん に そむきもどる、あるいは部下 ぶ か をしいたげて、そのてがらを取 と り、わたしらの 言葉 こ と ば にむほんを犯 おか してかならず天 てん の罰 ばち を受 うけ る。 なみのわれだ子 し 孫 そん は 恵 めぐみ を受 うけ て、感謝 かんしゃ をおもわぬで、うらみをやまずに、 ひくい身 み 分 ぶん を軽蔑 けいべつ し、国政 こくせい をかき乱 みだ し、罪 つみ を無 む 実 じつ にまでおよび、善 ぜん 良 りょう な人を 迫害 はくがい し、殺 ころ して財物 ざいぶつ 取 と り一方 いっぽう に向 む き その 位 くらい を取 と りのけ、正 ただ しい者 もの を抑圧 よくあつ し、 才 さい 智 ち がある者 もの をしりぞける、みなしごと弱 よわ い者 もの を 欺 あざむ きくるしめる、法 ほう を無視 む し して賄 わい 賂 ろ を受 う け、直 ただ しい事 こと を曲 ま げ、曲 ま げた事 こと を直 ただ しいと言 い いふらし、軽 かろ んじ事 こと を重 おも くせおわせ、 命 いのち が絶 た つのを見 み るといかり、 過 あやま ちを知 し りながら、あらた めずにて、善 ぜん を知 し りながら 行 おこな わず、そして自 みず の罪 つみ を他 ほか に 導 みちび き、すべてをさ へぎり、正 ただ しい者 もの をあざけりわらふ、悟 さと りの言葉 こ と ば をおかす。 御 お 上 かみ の神様 かみさま は語 かた り、神の心に 従 したが い犯 おか した者 もの は、その報 むく いは速 はや くおこり、 短 みじか い人生 じんせい には、 必 かなら ずたましいの業 ごう 、はやりやまひの業 ごう 、財物 ざいぶつ を尽 つ きなくな る業 ご う 、それ故 ゆえ に絶対 ぜったい に軽々 かるがる しく試 ため すな、 慎 つつし み 慎 つつし み。
  5. 5. 5 第 だい 六 ろく 章 しょう 速 はや めに報 むく い 時 じ 世 せい 御 お 上 かみ の神様 かみさま はいはれ: 人 ひと がうしなうのをねがふ、人 ひと の成功 せいこう をそしる、自 みず のやすらかには人のあ やぶみ、人 ひと がつぶれるには自 みず のとく、悪 あく をよしみにうつりかへ公 こう をすたれて私 し になり、人 ひと の才能 さいのう をひそかにとる、人 ひと の善 ぜん をいつはりかたる、みめがわるい のをかたどっていひあらわす、人 ひと の名 めい 誉 よ 等 だ にひそかにきずつけ、人 ひと の財物 ざいぶつ を使 つか い尽 つく し、他 た 人 にん の近親 きんしん の仲 なか をさき、他 た 人 にん の愛 あい をうばう、あらす人に 力 ちから を添 そう へ、 いきほいにのぞみのまま、かつことをめあてに人をはずかしめわざはいの心 をかくして、人 ひと のすぐれた点 てん をくじけさせる、自 みず のおとっている 所 ところ をかばい、 そのいきほいにせまっておどす、きままにあらくきづつけ、これは知 ち 識 しき 人 じん と して大 だい 中 ちゅう 国 ごく 帝国 ていこく のあわせすべるかんがへとつながり、 逞 たくま しい者 もの は弱 よわ い者 もの を くるしめるおほぜいの心がまよふ怪 あや しい事 こと をいふ 行 おこな い、よしあしの見 み 分 わけ がな い、すじみちをのべる、自 みずか らあまんじて、 邪 よこしま な者 もの のなかまになり、必 かなら ず落 お ち触 ふ れて恐 おそ れる、血 ち に染 そ まる土地 と ち になる、この世 よ の報 むく いは 万 よろず の世代 せ だ い までも返 かえ れぬ、急 いそ ぎはやくいひつけに。 第 だい 七 しち 章 しょう 奸 かん と 邪 よこしま 財 ざい があり地位 ち い が高 たか い、世 よ に時 とき めきさかえ、それを見 み て、その人 ひと は追 お い出 だ し、 ながされて卑 いや しい人になる事 こと を願 ねが う、衣 い 服 ふく と生活 せいかつ が富 とみ 、人 ひと を見 み て、そのひと が破 は 産 さん して、家 いえ が滅 ほろ ぶ事 こと を願 ねが う、 美 うつく しい人 ひと を見 み れば、密 ひそ かに 心 こころ が 生 しょう ずる、 貨 か 物 もつ と財産 ざいさん を引 び き受 う け、そして人が滅 ほろ ぶを願 ねが う、望 のぞ みが遂 と げなければ、恨 うら み と不平 ふ へ い の 心 こころ を持 も ち、 過 あやま ちがあれば、それをかたる、 体 からだ のかたわを笑 わら い、才 さい 智 ち と能 のう 力 りょく のある者 もの をほめばおさえる、これで御 お 上 かみ の神様 かみさま のことばでは人 ひと の 心 こころ のさまたげとくづれるを反応 はんおう する、 皆 みんな 殖 しょく 民 みん 教 きょう 育 いく の容 よう 易 い ならぬ 誤 あやま りであ
  6. 6. 6 る、みづから 教 きょう 育 いく 者 しゃ でありながら、この大切 たいせつ なときをりにおこないをなまけ おこたる、それで急 いそ ぎ速 はや くこのおとろへくづれる、 誤 あやま りを引 び き戻 もど すには、天 てん の助 たす けをかして、そして天 てん の助 たす け添 そ える。 また目 め にとめてみると蓬莱 ほうらい の仙 せん 島 しま は、大 だい におちぶれ、 昔 むかし をなくし、御上 お か み の神様 かみさま も 私 わたし も同 おな じやうに感 かん じると示 しめ すし語 かた る、にしたつよくむりやりにうば いとり、操 みさお を守 まも り義 ぎ を立 た てることを知 し らず、公 こう 職 しょく や代 だい 義 ぎ 士 し の身 み であり、欲 ほ し く思 おも うのをおかしうばい、そしてかすめうばい、わざはひがやまづ、特別 とくべつ の権 けん 利 り にて、ひとかたまりに財物 ざいぶつ をあつめ、たくみにいつはりもとめてうつす、賞 しょう と罰 ばつ は不 ふ 公 こう 平 へい でいろいろごまかし、善悪 ぜんあく をわきまへる本来 ほんらい の心がなく、節 せつ 日 び に はあそびたのしむ、手 て 下 した には苦 くる しめしひたげること、おどかしおどすそのい きほいをなす、 幸 しあわ せをなす、口軽 くちがる になさけと義理 ぎ り をはなし人の守 まも り 行 おこな ふべ き道 みち をはなす、実際 じっさい の事柄 ことがら では品 ひん の悪 わる い事 こと を 行 おこな い常 つね に天 てん を恨 うら みながら他 た 人 にん に 投 な げてつける大声 たいせい でいたく 罵 ののし る、そしてかんがへなく自身 じ し ん の 行 おこな ひなどをか へりみることもなく同 おな じなかまと合 あ わせてはりあふてふるまい、 新 あたら しいのを 得 え れば古 ふる いのをすてる、心ざまが劣 おと る、うはやくをあざむき、財物 ざいぶつ には欲 よく の深 ふか く、悪口 わるくち をつくり、いつはりの言葉 こ と ば で、他 た 人 にん の名 めい 誉 よ をそしり、ないことを有 あ る やうに作 つく る、それで人の名 な をきずつけ、自 じ 分 ぶん では正 ただ しいと思 おも わせ、いつはり 神霊 しんれい をみだりに 罵 ののし る、天 てん 地 ち 自 し 然 ぜん の道 どう 理 り をみはなし、 心 こころ がまようふてあくま になし、 疎 おろそ かに親 おや に背 せ をむき、自 みず のみなもとを忘 わす れ、それゆえに御 お 上 かみ の神様 かみさま はあきらかに教 おし へをしめし、天 てん と地 ち をあかしとし、そのひげたを、手 て 本 ほん にあ わして見 み る、皆 みな 限 かぎ りのない罪 つみ をこしらへ、さかさにうつりかはることなかれ。 それゆえにみて台湾 たいわん を背 そむ くと売 う る人はその 行 おこな いはおほひかへす、 心 こころ だ ては正 ただ しいくない、ひごろのくらしあるいは歌 うた い舞 まい ひして、つごもりのよう
  7. 7. 7 に、すなはちに終 おわ りはおそれてさしとめることを知 し らず、私らの御 み 霊 たま はかん がへ合 あ せて計算 は か り 、そしてつかさどる神 かみ はその軽 かる いと重 おも いにしたがふ、ごとし などの罪 つみ は、きろくを計算 は か り してふんだくる、そしてかぞへ尽 つく しのつどるとき は 命 いのち が終 おわ り、輪 りん 廻 ね 転 てん 生 せい にもせおい報 むく ひ、再 ふたた びの世 よ にも報 むく う、三世 さんせい にも期 き 限 げん が ない、さらにわざはいは子 し 孫 そん も引 び き受 う ける、 災 わざわ いは細 こま かでくはしい。 第 だい 八 はち 章 しょう 真 しん と 誠 まこと しかのみならずにかたはらから奪 うば い取 と る財物 ざいぶつ は正 ただ しくなくかたよりで、 その家 か 族 ぞく まであてはかり、段々 だんだん とはろぶ 失 うしな ふ、もし 命 いのち があれば、すなはち水 みず と火 ひ やねすびに、そこなふすてる、やまひとものい、諸々 もろもろ の事 こと 、思 し 慮 りょ のない取 と りあたひにあたる、かさねてまちがへて人 ひと の 命 いのち を失 う した者 もの は、これでたやす くかたなの持 も つ兵 へい におたがいに殺 ころ し、あらず義 ぎ にたがふに取 と った財物 ざいぶつ は、毒 どく の 肉 にく で飢 う をゆるめ、毒 どく の酒 さけ でのどのかわくをやわらげることし、これもあらず に満 まん 腹 ぷく できず死 し におよぶ。 これで御 お 上 かみ の神様 かみさま はいわく示 しめ す。 われらは褒 ほ める、ゆえに政界 せいかい を知 し り 多 おお くて盛 さか んなさまで、ひそかにか んべつの権 けん 力 りょく をもてあそぶ、あらずにかたよりさらめ、 自 みずか らにいたすらに すぐれていると、人の司 し 法 ほう の官 か 吏 んり は或 ある はひと時 とき の 過 あやま ちを許 ゆる す、でも 形 かたち のな い天 てん からのとがめで罰 ばつ を加 くわ える事 こと は、しかりであきらかでたって示 しめ す、子 し 孫 そん に いましめひかへる、よこしまなすじを 行 おこな うには、 自 みずか らに悪 わる い事 こと を悔 くや みあら ため、おほぜいによい事 こと を 行 おこな う、そしてまことの心とまことの意義 い ぎ にえんぎ がよくしたがふ 禍 わざわい はおだやかにうつりかはる。
  8. 8. 8 第 だい 九 きゅう 章 しょう 結 むす び えんぎがよい人は天 あま の相 そう があり、そのはたらきは国 くに を守 まも り、たみを愛 あい す る、そして台湾 たいわん を母 ぼ 国 こく としたためる者 もの は、おのづと神様 かみさま の 力 ちから と加護 か ご に祈 いの る、 蓬莱 ほうらい の仙 せん 気 き がとりすべて得 え り、公明正大 こうめいせいだい なあまづちは万 まん の霊 れい が共 とも にみわけ、 その身 み にめぐり来 く る運命 うんめい にねがひおこないうなづく、台湾 たいわん を守 まも り 行 おこな ふべき 道 おしえ にのこるとほろぶの勇 ゆう 気 き をかたくたもつ者 もの は、大 だい 菩 ぼ 薩 さつ のむくひが得 え りなる つく、天 あま つちと宇 う 宙 ちゅう をこしらへた神様 かみさま をほめたた得 え る、あら神 かみ を泣 な かせ、お んやうの柄 え をねしにぎり、宇 う 宙 ちゅう をふるふ、天 てん 地 ち の 間 あいだ にうやまふひらき、 新 あたら しいめぐりにあわせはじまりに適 てき する、まさしくはじまりに適 てき するには、お びやかしをうつし千万 せんばん の子々孫々 し し そ ん そ ん を直 ただ ちにときすくうのは、おほいなさとる 者 もの である。 なみの人 ひと がおさめる 行 おこな いは、多 おお い人 ひと のあいだにかたよる事 こと を好 この む、出 しゅっ 家 け した人の身 み のために、よもの相 そう を除 のぞ んには、むづかしく身 み のなかがは はく ずれしぼむ、それで 仏 ほとけ をさとり 仏 ほとけ の 掟 おきて に反 はん す、ひじりをさとりひじりの 掟 おきて に反 はん す、いましめをさとりいましめの 掟 おきて に反 はん す、みだれをさとりみだれの法 ほう を犯 おか す、ねじけたことをさとりねじけたことで法 ほう を犯 おか す、 過 あやま ちの数 かず が多 おお いの で、ほどく逃 のが れるのはむづかしい、政界 せいかい の人達 ひとたち は、おほやけのつとめにはよ いおさめると 行 おこな いができ、しかし私 し の 心 こころ がはなはなしく思 おも い、よこしまに かたよりかくして正 ただ しくない事 こと と 行 おこな う、おもてとうらは差異 さ い があり、論 ろん 議 ぎ の すじみちをくずれに教 おし え、諸々 もろもろ の社会 しゃかい にメデやーもんはへる、そのはたらき は、おほやけの勤 つと めを自 じ 分 ぶん で用 よう ひる、そして正 ただ しくない事 こと 、死 し なしめる事 こと や みだらとむすび、怪 あや しい言葉 こ と ば を使 つか ひ、おほぜいの人にかはゆがるを手 て に取 と っ てもてあそぶ、天 てん は恥 はず かいと思 おも ふ、天 てん は卑 いや しいと思 おも ふ、並々 なみなみ まことで正 ただ しい
  9. 9. 9 台湾 たいわん の子々孫々 し し そ ん そ ん は神様 かみさま の言葉 こ と ば を守 まも りしるす、人の 行 おこな うべき道 みち と勇 ゆう 気 き をあらは して適 てき する、大 おお きな願望 がんぼう を 行 おこな い、かくれた影 かげ から歩 あゆ み出 で て、台湾 たいわん 精神 せいしん を広々 ひろびろ とあきらかにあらわれ、神様 かみさま はあなたと同 おな じくなる。 第 だい 十 じゅう 章 しょう 後序 あとじょ 台湾 たいわん の英霊 えいれい は、取 と りもなほさず、台湾 たいわん の地 ち 生 せい の大 だい 菩 ぼ 薩 さつ 、これも神様 かみさま が世 よ の 中 なか におくるつかいである、血 ち を流 なが して民主 みんしゅ 人権 じんけん を 進 すすむ んで 耕 たがや し台湾 たいわん のために 犠 ぎ 牲 せい した諸々 もろもろ の人 ひと である、このわけで台湾 たいわん の子々孫々 し し そ ん そ ん はこの 幸 さいわ いに 従 したが う、 それで 再 ふたた び皆 みな と同 おな じにいる、そでゆえに並々 なみなみ に人 ひと は台湾 たいわん を認 みと めることをはた らく、この書 しょ をたもちおさめ、ひとすじに台湾 たいわん の安 あん 危 き と生 せい 死 し を約束 やくそく する者 もの 、自 し 然 ぜん に強 つよ いひとすじにあらん限 かぎ りの 力 ちから があらはれる、確 たし かに守 まも りとたすけが得 え らえる、 心 こころ にまもる事 こと をねがふ。 向 こう 廻 かい 文 ぶん この書 しょ を讀 どく 誦 よう すれば功 こう 業 ぎょう がたもつ、法 ほう をほどすと徳 とく に化 か せられて善 ぜん に移 うつ る、迷 めい の途 みち から 従 したが へ渡 わた る、早 はや くさとり早 はや く迷 まよ ひをとく、台湾 たいわん の国 くに づくりは、 いきほひで 必 かなら ず 行 おこな い、子々孫々 し し そ ん そ ん は民主 みんしゅ と建国 けんこく をたてまつて 行 おこな う、人権 じんけん と自 じ 由 ゆう は 命 いのち があると続 つづ けられる、二 に 二 に 八 はち 精神 せいしん は台湾 たいわん と同 おな じに続 つづ く。

×