Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

情報の扱い方を知るための編集実践授業 2回目

1.003 visualizaciones

Publicado el

情報の扱い方を知るための編集実践授業
WEB生放送の授業を無料で配信しています。

▼こちらから授業に参加すると、先生への質問や、ユーザーとのチャット、資料の拡大表示等が可能です。

https://schoo.jp/class/173/room

Publicado en: Empresariales
  • Sé el primero en comentar

情報の扱い方を知るための編集実践授業 2回目

  1. 1. 実践型授業で身に付ける! 情報の編集力≪全2回≫ 2限目 イメージング・メソッド02 「情報の単位」について 師範 導匠 大川雅生 情報の編集力 ≪全2回≫
  2. 2. 校長 松岡正剛 編集術関連著作 『知の編集工学』(朝日出版社) 『知の編集術』 (講談社現代新書)
  3. 3. 「型」をめぐる情報の編集術 破 離 守 守破離は、守って「型」に就き、    破って「型」へ出て、離れて「型」を生む。 :編集術カリキュラム 1252夜『守破離の思想』藤原稜三|松岡正剛の千夜千冊
  4. 4. もともと意味を「分節化」
 できるということは、
 アタマに意味が入ったり
 出たりするその作用に応じて、 文章を書き、言葉を活用する
 ということである。
 少なくとも中世では、
 意味と言葉と分節化と書物化
 とは一緒のことだった。
 
 http://1000ya.isis.ne.jp/ :松岡正剛の千夜千冊 1314夜『記憶術と書物』メアリー・カラザース|松岡正剛の千夜千冊
  5. 5. 活路をひらく   「方法」の   トレーニング   「編集稽古」を体験 イシス編集学校の   トレーニング・メソッド 「手続き」を学ぶ   日常的トレーニング のコツ、ポイントを   掴む 編集術の適用   情報編集の   「型」を動かす   情報の編集 情報編集力を鍛える
  6. 6. 「ワケル」で何をイメージするか? 「ワケル」と何がみえるか? どんな視点で「ワケル」か? 「ワケル」から「ツナグ」へ 情報の単位「ワケル」◉編集稽古稽古一覧 ▼編集稽古01 ▼編集稽古02 ▼編集稽古03 ▼編集稽古04
  7. 7. イメージを動かす「情報の単位」 情報をワケル   情報をツナグ     ▶「意味」を   取り出す     ▶情報を   「編集」する     ▶情報を   「知」に変える   分節化 関係化 講 義 情報の   単位
  8. 8. Ⅰ:編集の入口    第一章 ゲームの楽しみ     1◆編集はどこにでもある     2◆連想ゲームの中で     3◆情報はつながっている    第二章 脳という編集装置     1◆考え方とは何か     2◆分節する情報     3◆記憶と再生のソフトウェア    第三章 情報社会と編集技術     1◆ずっと前からマルチメディアだった     2◆経済と文化を重ねる     3◆歴史の中のエディターシップ Ⅱ:編集の出口    第四章 編集の冒険     1◆記号から意味へ     2◆編集工学の夢     3◆編集技術マトリックス    第五章 複雑な時代を編集する     1◆世界モデルが摩耗している     2◆物語の秘密     3◆エディトリアリティの発見    第六章 方法の将来     1◆電子の中の編集     2◆編集の創発性     3◆縁側の編集へ 講 義 『知の編集工学』松岡正剛 目次
  9. 9. 1)編集は、「情報の海」に突きささる句読点を打つこと。   2)編集は、「きのう一日の出来事」や「机の上のもの」といった    情報の海を次々に区別し、連携させていく。   3)そこでは何が同じで、何が違っているのか、という          「共通」と「差異」がつねに注意の対象となる。   4)この「情報の海」、「共通」と「差異」をどのように見るかは、    観察者の経験や視点によって変わってくる。   5)句読点を打つとは、「区切り」をつけること、「分節化をする」こと。   6)編集工学では<意味単位のネットワーク>の中の一分岐点か ら次の分岐点までを、<情報分節>と呼ぶ。 2◆分節する情報より抜粋メモ(1)  講 義
  10. 10. 7)分節化は、重要な編集の第一歩である。   8)私たち人間のスタートも分節化で始まった。             直立二足歩行、手の指の分節化(五指対向)、言葉の発声、   喉(声帯)の筋肉の分節化、身体の関節の分節化など。   9)分節化は、人間の言語、社会、組織、機械、建築物、        システム(系)など、さまざまなジャンルに及ぶ。   10)「ひとつの分節化は他の分節化とも対応しうる」ことが重要。   分節化がオーダー(秩序)となり、メジャー(ものさし)となって、   別の分節化された情報を相互に測定できることが重要。   11)「情報は分節化をルーツにしている」 2◆分節する情報より抜粋メモ(2)  講 義
  11. 11. 編集思考素 (へんしゅうしこうそ) 三間連結型 三位一体型 二点分岐型 一種合成型 二軸四方型 講 義
  12. 12. 編集思考素/ワケル(分節化) 【例】 講 義 ワケル SNS Twitter Facebook アベノ ミクス 暴騰? 暴落? 利用ツール 株価予測 二点分岐型
  13. 13. 編集思考素/ツナグ(関係化) 一種合成型 【例】 イチゴ 大福 イチゴ 大福 タッチパネル 携帯電話 ツナグ 講 義 スマート フォン 新味開発 新機能
  14. 14. 編集稽古 01 注意のカーソルを向けたら、イメージが動く! 「ワケル」で何をイメージするか? 「分節」 「分岐」 「分解」 「対」  「対比」 「対称」 「対立」 「一対」 「対偶」 「ペア」 「セット」 「相対」 「相同」 「相似」 「対同」 ▼ヒント
  15. 15. 注意のカーソル=情報を編集する意識型 時 間 Order 注意の カーソル 場 面 Configu- ration 文 脈 Context 律 動 Rhythm 手 続 Procedure 注意の カーソル 注意の カーソル 注意の カーソル 注意の カーソル 地 図
  16. 16. 編集稽古 02 「ワケル」と何がみえるか? ワケル BOOK ワケル ワケル
  17. 17. どんな視点で「ワケル」か? 編集稽古 03 ワケル どんな視点?
  18. 18. 情報の単位▶ネットワーク状態へ講 義 テーマ 情報C 情報B  情報A   情報Ab 情報Aa 分節化Aa2 分節化Aa1 トップダウン ボトムアップ 関係化=   どう分類   できるか?   分節化=   どう分解   できるか?
  19. 19. B   A1   A2b   A2a   「ワケル」から「ツナグ」へ 編集稽古 04 視点 テーマ A   視点 A2   視点
  20. 20. http://es.isis.ne.jp/  「門前指南」 大川導匠の リアル編集稽古     受付中! 基本コース[守] ただいま 早得キャンペーン 実施中! 「情報の編集力」をバツグンに鍛える!

×