Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
実践型授業で身に付ける!情報の編集力≪全2回≫1限目「注意のカーソル」について知る師範	 導匠 大川雅生	 情報の編集力≪全2回≫
―	  情報編集力を鍛える ―	  活路をひらく	  「方法」の	  トレーニング	  「編集稽古」を体験	イシス編集学校の	  トレーニング・メソッド	「手続き」を学ぶ	  日常的トレーニングのコツ、ポイントを	  掴む	編集術の適用	  情...
校長 松岡正剛 編集術関連著作『知の編集工学』(朝日出版社)	 『知の編集術』(講談社現代新書)
世阿弥は「型」と
「稽古」を重んじた。
今夜は久々に世阿弥の
伝書をかせて
「能は編集されていた」
ことを示唆しておきたい。
けだし能というもの、
次のようになっている。
型を守って型に就き、
型を破って型を出て、
型を離れて型を生む。	 ht...
:編集術カリキュラム『不白筆記』には「弟子ニ教ルハ守、弟子ハ守ヲ習尽シ能成候ヘバ、オノズト自身ヨリ破ル。離ハこの二つヲ合して離れて、しかも二つを守ルコトナリ」とある。	 1252夜『守破離の思想』藤原稜三|松岡正剛の千夜千冊
「型」をめぐる情報の編集術破	離	守	守破離は、守って「型」に就き、	    破って「型」へ出て、離れて「型」を生む。	 	 :編集術カリキュラム1252夜『守破離の思想』藤原稜三|松岡正剛の千夜千冊
世阿弥は習得者たちに型と稽古を意識させるようにした。(略)	 意識とは「意識が向かうところ」「その先」だった。習得者たちは「用心のその先」に注意を向けるべきなのだ。編集工学の稽古にとって、これがヒントになった。「用心のその先」とは、心身のどこか...
「読書は一種のコラボレーション。編集工学の用語でいえば、	           読書は「自己編集」であって、かつ「相互編集」なのです。」	 松岡正剛『多読術』(ちくまプリマー新書)	:読書術カリキュラム
▼編集稽古01 「情報」に気づく、取り出す▼編集稽古02 「注意のカーソル」を意識する▼編集稽古03 「昨日は、どんな一日だったか?」 ▼編集稽古04 「昨日は、こんな一日だった!」▼編集稽古05 「注意のカーソル」をよく動かす編集稽古01	注...
①私たちは	  情報に囲まれている	②すべての情報は	  編集されている	③使われている「編集」を	  うまく取り出したい	人の営為すべてに編集が潜んでいる「情報編集力」を鍛えるには?情報の編集
【お題】自分、自分の周囲から情報を取り出してみよう。できるだけ、たくさんあげよう。(1分間)「情報」に気づく、取り出す▼情報に囲まれている囲まれている	編集稽古01
①注意のカーソル(=意識の矢印)を動かす	②対象に注意、	  意識を向ける	③察知・感知・認知(見ている・聞いている・話している・読んでいる・感じている等)	  を意識する	  人の営為すべてに編集が潜んでいる「情報編集力」を鍛えるには?情報の...
【お題】 もう1分間、「注意のカーソル」の 動きを意識して、続けてみよう!「注意のカーソル」を意識する▼何を意識しているか?▼連続して意識する!編集稽古02	注意のカーソル
「情報編集」の捉まえ方イメージのマネージ=情報編集=多様な情報を創造的に自在にコントロールする多様な情報創造的で自在なコントロール情報の編集
「昨日は、どんな一日だった?」編集稽古03
「昨日は、どんな一日だった?」▼注意のカーソルを意識する▼連続的に動かす編集稽古03	注意のカーソル	注意のカーソル
「注意のカーソル」の動かし方「注意の	  カーソル」の動かし方	意識的に自分に	  問いかけていく	連続的に	  確認を言葉に	  していく	  積極的に	  情報を	  探し当てる	  情報の編集
16時間24時間	アタマのなかの自動的な情報圧縮『知の編集工学』(松岡正剛著)「第二章 脳という編集装置/1考え方とは何か」 より	5分          960分	1200図地情報の編集
注意のカーソル=情報を編集する意識時間	Order	注意のカーソル場面	Configuration	注意のカーソル文脈	Context	注意のカーソル律動	Rhythm	注意のカーソル手続き	Procedure	注意のカーソル情報の編集
「昨日は、こんな一日だった!」▼注意のカーソルを動かす▼時間、場面、文脈、律動、 手続きを意識する▼ 「図」を捉えるように 意識する▼連続した「地」を分ける ように意識する編集稽古04	注意のカーソル	注意のカーソル
「注意のカーソル」を意識する【量】回数、頻度、スピード【質】      「注意のカーソル」の捉え方 注意のカーソル	何に対して、どんな時間、場面、文脈、律動、手続きか?
「注意のカーソル」を意識する【量】を鍛えて▶察知・感知・認知力アップ!【質】を鍛えて▶対応・判断・思考力アップ!注意のカーソル	 「注意のカーソル」の鍛えどころ
「図」への意識	▼部分へ連続的に意識していく▼どんな情報をどう意識しているか、に敏感になる▼全体を捉える▼連続した「地」を分けるように意識する「地」への意識	▼どう対応する、どう判断する、どう考える問いかけて、適切な言葉にしていく	編集稽古05...
題	◉編集術編集工学Editorial Engineering回答	指南
実践型授業で身に付ける!情報の編集力≪全2回≫2限目「情報の単位」について知る師範	 導匠 大川雅生	 情報の編集力≪全2回≫	6月28日21時より	次週	  予告
http://es.isis.ne.jp/ 「門前指南」大川導匠のリアル編集稽古    受付中!「学校説明会」   申込み受付中!「情報の編集力」をバツグンに鍛える!
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

情報の扱い方を知るための編集実践授業

980 visualizaciones

Publicado el

情報の扱い方を知るための編集実践授業
WEB生放送の授業を無料で配信しています。

▼こちらから授業に参加すると、先生への質問や、ユーザーとのチャット、資料の拡大表示等が可能です。

https://schoo.jp/class/172/room

Publicado en: Empresariales
  • Sé el primero en comentar

情報の扱い方を知るための編集実践授業

  1. 1. 実践型授業で身に付ける!情報の編集力≪全2回≫1限目「注意のカーソル」について知る師範 導匠 大川雅生 情報の編集力≪全2回≫
  2. 2. ―  情報編集力を鍛える ―  活路をひらく  「方法」の  トレーニング  「編集稽古」を体験 イシス編集学校の  トレーニング・メソッド 「手続き」を学ぶ  日常的トレーニングのコツ、ポイントを  掴む 編集術の適用  情報編集の  「型」を動かす  
  3. 3. 校長 松岡正剛 編集術関連著作『知の編集工学』(朝日出版社) 『知の編集術』(講談社現代新書)
  4. 4. 世阿弥は「型」と
「稽古」を重んじた。
今夜は久々に世阿弥の
伝書をかせて
「能は編集されていた」
ことを示唆しておきたい。
けだし能というもの、
次のようになっている。
型を守って型に就き、
型を破って型を出て、
型を離れて型を生む。 http://1000ya.isis.ne.jp/ :松岡正剛の千夜千冊1508夜『世阿弥の稽古哲学』西平直|松岡正剛の千夜千冊
  5. 5. :編集術カリキュラム『不白筆記』には「弟子ニ教ルハ守、弟子ハ守ヲ習尽シ能成候ヘバ、オノズト自身ヨリ破ル。離ハこの二つヲ合して離れて、しかも二つを守ルコトナリ」とある。 1252夜『守破離の思想』藤原稜三|松岡正剛の千夜千冊
  6. 6. 「型」をめぐる情報の編集術破 離 守 守破離は、守って「型」に就き、    破って「型」へ出て、離れて「型」を生む。 :編集術カリキュラム1252夜『守破離の思想』藤原稜三|松岡正剛の千夜千冊
  7. 7. 世阿弥は習得者たちに型と稽古を意識させるようにした。(略) 意識とは「意識が向かうところ」「その先」だった。習得者たちは「用心のその先」に注意を向けるべきなのだ。編集工学の稽古にとって、これがヒントになった。「用心のその先」とは、心身のどこかにひそむ「注意のカーソル」が外の何かに向っていくことなのだ。 :編集術カリキュラム1508夜『世阿弥の稽古哲学』西平直|松岡正剛の千夜千冊
  8. 8. 「読書は一種のコラボレーション。編集工学の用語でいえば、           読書は「自己編集」であって、かつ「相互編集」なのです。」 松岡正剛『多読術』(ちくまプリマー新書) :読書術カリキュラム
  9. 9. ▼編集稽古01 「情報」に気づく、取り出す▼編集稽古02 「注意のカーソル」を意識する▼編集稽古03 「昨日は、どんな一日だったか?」 ▼編集稽古04 「昨日は、こんな一日だった!」▼編集稽古05 「注意のカーソル」をよく動かす編集稽古01 注意のカーソル◉編集稽古編集稽古02 編集稽古03 編集稽古04 編集稽古05
  10. 10. ①私たちは  情報に囲まれている ②すべての情報は  編集されている ③使われている「編集」を  うまく取り出したい 人の営為すべてに編集が潜んでいる「情報編集力」を鍛えるには?情報の編集
  11. 11. 【お題】自分、自分の周囲から情報を取り出してみよう。できるだけ、たくさんあげよう。(1分間)「情報」に気づく、取り出す▼情報に囲まれている囲まれている 編集稽古01
  12. 12. ①注意のカーソル(=意識の矢印)を動かす ②対象に注意、  意識を向ける ③察知・感知・認知(見ている・聞いている・話している・読んでいる・感じている等)  を意識する  人の営為すべてに編集が潜んでいる「情報編集力」を鍛えるには?情報の編集
  13. 13. 【お題】 もう1分間、「注意のカーソル」の 動きを意識して、続けてみよう!「注意のカーソル」を意識する▼何を意識しているか?▼連続して意識する!編集稽古02 注意のカーソル
  14. 14. 「情報編集」の捉まえ方イメージのマネージ=情報編集=多様な情報を創造的に自在にコントロールする多様な情報創造的で自在なコントロール情報の編集
  15. 15. 「昨日は、どんな一日だった?」編集稽古03
  16. 16. 「昨日は、どんな一日だった?」▼注意のカーソルを意識する▼連続的に動かす編集稽古03 注意のカーソル 注意のカーソル
  17. 17. 「注意のカーソル」の動かし方「注意の  カーソル」の動かし方 意識的に自分に  問いかけていく 連続的に  確認を言葉に  していく  積極的に  情報を  探し当てる  情報の編集
  18. 18. 16時間24時間 アタマのなかの自動的な情報圧縮『知の編集工学』(松岡正剛著)「第二章 脳という編集装置/1考え方とは何か」 より 5分          960分 1200図地情報の編集
  19. 19. 注意のカーソル=情報を編集する意識時間 Order 注意のカーソル場面 Configuration 注意のカーソル文脈 Context 注意のカーソル律動 Rhythm 注意のカーソル手続き Procedure 注意のカーソル情報の編集
  20. 20. 「昨日は、こんな一日だった!」▼注意のカーソルを動かす▼時間、場面、文脈、律動、 手続きを意識する▼ 「図」を捉えるように 意識する▼連続した「地」を分ける ように意識する編集稽古04 注意のカーソル 注意のカーソル
  21. 21. 「注意のカーソル」を意識する【量】回数、頻度、スピード【質】      「注意のカーソル」の捉え方 注意のカーソル 何に対して、どんな時間、場面、文脈、律動、手続きか?
  22. 22. 「注意のカーソル」を意識する【量】を鍛えて▶察知・感知・認知力アップ!【質】を鍛えて▶対応・判断・思考力アップ!注意のカーソル 「注意のカーソル」の鍛えどころ
  23. 23. 「図」への意識 ▼部分へ連続的に意識していく▼どんな情報をどう意識しているか、に敏感になる▼全体を捉える▼連続した「地」を分けるように意識する「地」への意識 ▼どう対応する、どう判断する、どう考える問いかけて、適切な言葉にしていく 編集稽古05 「注意のカーソル」をよく動かす
  24. 24. 題 ◉編集術編集工学Editorial Engineering回答 指南
  25. 25. 実践型授業で身に付ける!情報の編集力≪全2回≫2限目「情報の単位」について知る師範 導匠 大川雅生 情報の編集力≪全2回≫ 6月28日21時より 次週  予告
  26. 26. http://es.isis.ne.jp/ 「門前指南」大川導匠のリアル編集稽古    受付中!「学校説明会」   申込み受付中!「情報の編集力」をバツグンに鍛える!

×