Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

ここだけは押さえておきたい『出力できるPDF』(PAGE 2010・2010年2月4日)

588 visualizaciones

Publicado el

2010年2月4日にPAGE 2010にて吉田印刷所が『ここだけは押さえておきたい『出力できる』PDFのポイント』と題してPDFに関するセミナーを行いました。

その時のスライドです。

Publicado en: Diseño
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

ここだけは押さえておきたい『出力できるPDF』(PAGE 2010・2010年2月4日)

  1. 1. ここだけは押さえておきたい 『出力できる』 PDFのポイント 株式会社吉田印刷所 笹川 純一
  2. 2. 吉田印刷所について 新潟県五泉市の印刷会社(1920年創業)  五泉市近郊の印刷受注  編集から印刷・製本加工 2
  3. 3. 吉田印刷所について 印刷通販事業開始(2000年)  全国へ市場を展開  データ入稿中心とした業務の転換 3
  4. 4. 吉田印刷所について データ入稿の受付の変遷  2000年:Illustrator・Photoshop・QuarkXPressなどの ネイティブデータ入稿開始  2001年:PDF入稿開始  2005年:ワークフローRIPに移行  2009年:APPE(Adobe PDF Print Engine)運用へ移行 4
  5. 5. 講師について  印刷通販事業の立ち上げに参加  DTP・データ入稿のオペレーション・技術アドバイス  ウェブ・ブログ・メールマガジンなどメディア担当  セミナー講師  PAGE 2009  DTP Booster  JAGAT 研究会  日本印刷学会 研究会  PAGE 2010  Heidelberg 研究会 5
  6. 6. 今回のトピック 1. PDF 入稿の現状 2. PDF とは? 3. スムーズなワークフローの構築 4. PDF 入稿、ここに注意 5. まとめ 6
  7. 7. PDF入稿の現状 7
  8. 8. PDF入稿の現状 欧米 6~7割 まだまだ日本のPDF入稿は少ない 日本 2~3割 2008年末にAdobeの方から伺った情報を元に作成 8
  9. 9. PDF入稿の現状 弊社ネットアンケート(250名回答) 32% 30% 25% 13% 多い(70~100%) 少ない(~30%) なし 半分くらい(40~60%) アンケート:http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090910/130000.html 9
  10. 10. PDF入稿の現状 吉田印刷所の状況 70% PDF PDF以外 10
  11. 11. PDF/X-1a対応のソフトウェア使用状況 InDesign 非常に多くの方がPDF/X-1a入稿できる Illustrator アンケート: http://blog.ddc.co.jp/mt/news/archives/20100121-115154.html 95% 74% 11
  12. 12. PDF/X-4対応のソフトウェア使用状況 InDesign 意外に多くの方がPDF/X-4入稿できる Illustrator アンケート: http://blog.ddc.co.jp/mt/news/archives/20100121-115154.html 68% 59% 12
  13. 13. PDFとは? 13
  14. 14. PDFの種類 14
  15. 15. PDFの種類 ウェブ用 解像度:低 カラー:RGB 校正用 解像度:低/中 カラー:RGB/CMYK 商業印刷用 解像度:高 カラー:CMYK 15
  16. 16. PDFの特徴 16
  17. 17. 1ファイルで入稿OK PDF入稿以前  InDesign/QuarkXPress /Illustrator/Photoshop /フォント ファイル添付忘れ フォント PDF入稿後 PDFファイルのみ 17
  18. 18. 制作ソフトウェアは何でもOK デザイナーなど制作者 自由に選びたい 製版・印刷会社 制限したい 18
  19. 19. Mac も Windows もOK PDF入稿以前 Mac PDF入稿後 Mac Windows 19
  20. 20. データサイズはコンパクト ZIP圧縮 元の画像と同じ 圧縮率 低 JPEG圧縮 元の画像と異なる 圧縮率 高 元データ ZIP圧縮 JPEG圧縮 0 5 10 20
  21. 21. 印刷向け規格「PDF/X」 PDF/X = 印刷用PDFの仕様を定めたもの PDF/X は ISO として承認(ISO 15930) PDF/X-1a PDF/X-4 カラー:CMYK 透明NG カラー:RGBもOK 透明OK 21
  22. 22. スムーズなワークフローの構築 22
  23. 23. スムーズなワークフローの構築のために 環境をきちんと整えよう ルールがないデータ作成は製版側で特殊な作業を 行わなければならないこともある 問題があった場合にコミュニケーションが取れる環 境になっていますか? 23
  24. 24. スムーズなワークフローの構築のために 出力できるデータを作成しよう データは正しく出力できて初めて意味がある PDF入稿であれば、Acrobatのプリフライト機能を利 用して、作成側でのチェックもしやすい 24
  25. 25. スムーズなワークフローの構築のために スムーズなワークフローのためには 自社だけでなく、 データ作成者側の準備・協力が必要 現場のオペレーターと窓口の営業と データ作成者との コミュニケーション能力が問われる 25
  26. 26. PDF入稿、ここに注意 26
  27. 27. PDF入稿、ここに注意 PDF 変換の設定に注意 印刷用の「PDF/X-1a」「PDF/X-4」という設定でも 確認する (自社の設定と整合性があるか?) 裁ち落とし カラー変換 オーバープリント 27
  28. 28. 裁ち落としが「0mm」 28
  29. 29. PDF入稿、ここに注意 トンボの位置を正確に 断裁の位置の指示はワークフロー RIP では非常に 重要な情報 トリムボックス ブリードボックス 29
  30. 30. アートボード内にトンボ作成 30
  31. 31. トンボが二重についてしまう トリムボックス・ブリードボックスが実際の位置と異なる 31
  32. 32. アートボードのサイズ=仕上がりのサイズ 32
  33. 33. トリムボックス・ブリードボックスが実際のサイズに ※トンボは保存時に付きます 33
  34. 34. アートボードで位置がセンターから寄っている 34
  35. 35. アートボード内に2面分のデータを作成している 35
  36. 36. PDF入稿、ここに注意 オーバープリント制作者サイドで行う K100%のオブジェクトを RIP で自動的にオーバー プリントにする自動スミノセをしていませんか? 36
  37. 37. 37
  38. 38. 38
  39. 39. 39
  40. 40. PDF入稿、ここに注意 オーバープリントのミスに注意 白のオーバープリント(白ノセ)に注意 40
  41. 41. 41
  42. 42. 42
  43. 43. 43
  44. 44. 44
  45. 45. PDF入稿、ここに注意 オーバープリントのミスに注意 Illustrator・InDesign・Acrobatのオーバープリント の表示設定をしよう 45
  46. 46. Illustrator 「表示」→「オーバープリントプレビュー」 46
  47. 47. InDesign 「表示」→「オーバープリントプレビュー」 47
  48. 48. Acrobat 8 「ページ表示」→「オーバープリントプレビュー」 48
  49. 49. Acrobat 9 「ページ表示」→「オーバープリントプレビューを使用」 →「常時」 49
  50. 50. PDF入稿、ここに注意 Illustrator CS/CS2ではEPSは危険 Photoshop EPS画像をリンクしていると、PDF保存 すると白線が出る 50
  51. 51. Illustrator CS/CS2でPhotoshop EPS画像を リンク形式で配置 51
  52. 52. 画像の中に白線が発生 印刷でも白く抜けてしまいます 52
  53. 53. PDF入稿、ここに注意 ダイレクト保存でも大丈夫? ダイレクト保存でないとPDF/X-4の意味がない PDF library 53
  54. 54. PDF入稿、ここに注意 ダイレクト保存でも大丈夫? Illustrator CS/CS2でEPSを使用している場合以外 は(だいたい)問題ない PDF/X-1a形式で保存する場合は注意点あり 54
  55. 55. PDF入稿、ここに注意 PDF保存時のフォントのアウトライン 化に注意(PDF/X-1a) 高解像度のオフセット印刷ではほとんど問題はない 高解像度ではないデバイス(POD・プリンタなど)で は部分的に文字が太く印刷される場合がある 55
  56. 56. 56
  57. 57. 57
  58. 58. 58
  59. 59. 59
  60. 60. PDF入稿、ここに注意 PDF は修正しづらい PDFをIllustratorで開くと ファイルが壊れる場合があります Acrobatで修正する場合、 修正の多くはプラグインが必要 135,000円 60
  61. 61. まとめ 61
  62. 62. まとめ PDF は修正しづらいデータなので、 スムーズなワークフローの構築をし、 ストレートに流れる環境作りをしよう プリプレス効率化のためには、 データ作成者からデータの受け手までの データの受け渡しの準備が必要 62
  63. 63. DTPサポート情報ブログの紹介 http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/ DTPサポートブログ 検索 無料 63
  64. 64. ありがとうございました。 株式会社吉田印刷所 ここだけは押さえておきたい 『出力できる』 PDFの作り方 @yoshida_print ハッシュタグ: #page2010 64

×