Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
Próximo SlideShare
What to Upload to SlideShare
What to Upload to SlideShare
Cargando en…3
×
1 de 11

210927 PMBOK第7版の概要

0

Compartir

Descargar para leer sin conexión

2021年7月に公開された、PMBOK第7版の概要について。
特に、第6版からの変更点やPMP試験への影響について簡単にまとめてあります。

Libros relacionados

Gratis con una prueba de 30 días de Scribd

Ver todo

210927 PMBOK第7版の概要

  1. 1. PMBOK 第7版の概要 多田 幸生 (Yukio TADA) 経営・ITコンサルタント 中小企業診断士 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 1
  2. 2. おことわり  本資料は、資料作成時点(2021-09-27)の最新情報に基づい て作成しています。  内容には十分注意をして作成しておりますが、記述に誤 りがあったり、今後変更が発生する可能性があります。  特に、PMP試験を受験しようと考えておられる方は、必 ず最新の情報をPMIから入手するようお願いいたします。  文中の日本語は、英語版の原文を著者が独自に翻訳したもの であり、今後PMIから出版される公式日本語版とは訳が異な る可能性があります。 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 2
  3. 3. PMBOKの変遷  1996年 初版  2000年 第2版  2004年 第3版  9つの知識エリアと5つのプロセス群  2008年 第4版  2プロセス追加、2プロセス削除、2プロセス統合  2013年1月 第5版  ステークホルダー・マネジメント追加(10の知識エリア)  5プロセス追加  2017年9月 第6版  アジャイル開発に関する記述追加  3プロセス追加、1プロセス削除 2021年 第7版 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 3 およそ4年ごとに改訂されている
  4. 4. PMBOK 第7版の リリース状況  2021年7月:  英語版PDF(370ページ)が PMI のサイトで公開中  英語版書籍は8月から Amazon で購入可能  定価 US$99.00  内容は PDF と同一  Kindle版もあり  2021年10月:  日本語版PDFがリリースされる予定  2021年11月:  日本語版の書籍が発売される予定 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 4
  5. 5. 第6版から 第7版への 変更ポイント 1. 「プロセス重視」から「原理・原則重視」へ 2. 「インプット・ツールと技法・アウトプット(ITTO)」の記述が無くなる 3. 「成果物」から「価値(価値提供)」に焦点が移った  “Value is the ultimate indicator of project success.”  世界中のプロマネは、これまで以上に「価値提供」を求められている 4. 「10の知識エリア」「5つのプロセス群」のマトリックスが無くなる 5. 「12の原則」と「8つのパフォーマンスドメイン」が新たに登場 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 5 プロセス文書を作ること、が目的になってしまっていないか? 「本当に役に立つ」プロジェクトマネージャへの変革 世の中の変化やプロジェクトの多様性への対応 (個人的には、このような傾向は歓迎です!) 過去の改訂の中でも 最大級の変更
  6. 6. PMBOKの 構成 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 6 第7版から、 このマトリックスが、まるごと無くなります (これまで学んだことは何だったんだ…) とはいえ、 大事な考え方やテクニックは、 第7版でも引き継がれます
  7. 7. 第7版 全体の構成 (マトリックスでは なくなった) CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 7 12の原則 8つの やるべき業務領域 何をどのよう にやるべきか の指針
  8. 8. PMBOK第7版の 章立て (前半)  プロジェクト・マネジメント標準 (The Standard for Project Management)  1. はじめに  2. 価値提供のためのシステム  価値を創る、組織ガバナンス体制、…  3. プロジェクト・マネジメントの原則  3.1 勤勉・敬意・優しさを持った世話役であれ  3.2 協力的なプロジェクトチームの環境を作る  3.3 ステークホルダーとの効果的な連携  3.4 バリュー(価値)にフォーカスする  3.5 システムの相互作用を認識・評価し、対応する  3.6 リーダーシップを発揮する  3.7 文脈に適したテーラリング  3.8 プロセスと成果物に品質を組み込む  3.9 複雑さを乗り越える  3.10 リスク対応の最適化  3.11 順応性と復元力を手に入れる  3.12 想定される未来を達成するための変革を行う CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 8 PM実践の上で重要な、 12個の “Principles” (原理、原則、主義、方針) がまとめられている
  9. 9. PMBOK第7版の 章立て (後半)  プロジェクト・マネジメント知識体系(PMBOK Guide)  1. はじめに  PMBOK Guideの構成、「PMBOK Guide(このページ)」 と「プ ロジェクト・マネジメント標準(前ページ)」との関係、…  2. プロジェクト・パフォーマンス・ドメイン  2.1 ステークホルダー  2.2 チーム  2.3 開発アプローチとライフサイクル  2.4 計画  2.5 プロジェクト作業  2.6 デリバリー  2.7 測定  2.8 不確実性  3. テーラリング  4. モデル、メソッド、ツール(Artifacts)  Appendix  寄稿者、スポンサー、PMO、プロダクトマネージメント、 PM標準に関する研究開発、用語集 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 9 プロジェクトの成果を 効果的に提供するために 重要な活動
  10. 10. PMP試験への 影響  2022年1月〜2月頃から、PMBOK第7版に対応した内容で出 題されるのではないかと予想します。  とはいえ、第6版で学んだことも無駄になるわけではないと思 われます。  第6版の内容で受験したい場合は、早めに申し込んで、2021 年中に受験しておいた方が無難ではないでしょうか。  もしくは、第7版の試験内容に切り替わった後で、第7版を ベースに学習・受験するのも良いと思います。  個人的には、第7版をベースにした学習の方がやっていて楽し いと感じます。  細かい ITTO の内容(このプロセスのインプットはどれか、な ど)は覚えなくても良くなる可能性があるかもしれません。  一方、PMBOK全体が大幅に変更になっているので、出題の傾 向が変わって切り替え直後は合格しにくくなるかもしれません。  これまでの学習の仕方が通用しなくなるリスクもあります。 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 10
  11. 11. まとめ  2021年7月に、PMBOK第7版(英語版)が公開されました。  日本語版は3ヶ月ほど遅れて2021年10月に公開される予定です。  第7版では、第6版にあった「10の知識エリア」「5つのプロセス群」が なくなり、「12の原則」と「8つのパフォーマンスドメイン」が登場し ました。  第7版では、「プロセスそのもの」よりも、「原理・原則」を重視する ことで、現代のような変化の激しい状況においても、きちんと「価値 (VALUE)」を提供できるプロマネになることが期待されているように思 います。  PMP試験には、2022年始めくらいからPMBOK第7版の内容が反映され るように予想します。これから受験される方は、どのように対応するか 戦略を立てることが必要になりそうです。 CONFIDENTIAL / 2021-09-27 / DOC-2cf9d497 / © 2021 多田幸生 11

×