Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

DRONE BORG 第一回ドローンビジネス勉強会資料

9.567 visualizaciones

Publicado el

「世界で急成長するドローンビジネス、2016年の現状分析と今後のトレンド」
URL: https://note.mu/drone_borg/n/nf44291c5e06f
こちらの資料をより詳しくまとめたレポートは上記になります。
なお、資料はドローン専用メディア「DRONE BORG」が主催した第一回ドローンビジネス勉強会の資料となります。

Publicado en: Empresariales
  • ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks (Unlimited) ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • Good Presentation!
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí

DRONE BORG 第一回ドローンビジネス勉強会資料

  1. 1. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved.1 CLUE, Inc. • DRONE BORG主催 • 第一回ドローンビジネス勉強会
  2. 2. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 2 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  3. 3. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 3 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  4. 4. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 1. 講演者の自己紹介 4 講演者 阿部亮介
 株式会社CLUE CEO and Founder 大学院修了後、DeNA、シンガポールのスタートアップLCO Creation, Inc.を経て、
 2014年8月にCLUEを設立。 ファッションシェアリングサービス「Lovin Box」をリリース後、
 同事業を株式会社airClosetに事業譲渡 ドローン事業に参入後、ドローン専用メディア「DRONE BORG」や
 ドローン用データ管理クラウドサービス「DroneCloud」をリリース DRONE BORG DroneCloud
  5. 5. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 5 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  6. 6. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 2. 背景トレンド:市場と事業機会 6 商業向けドローン市場が今後、最も大きく成長 全世界のドローンの商業利用の2015年で$1B
 2019年では$5Bまで成長 米国際無人機協会の試算では2025年には
 アメリカ国内だけで$82Bまで成長すると予想 http://www.cnbc.com/id/102676023 海外のマーケット 国内のマーケット http://www.seedplanning.co.jp/press/2015/2015041501.html 2020年に186億円、2022年に406億円まで成長
  7. 7. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 2. 背景トレンド:消費者向けドローン 7 市場規模 地域別シェア 2015年度は市場規模が世界全体で前年比
 167%の伸びで約$1.7Bにまで成長 販売台数は世界全体で430万台 今後も消費者向けドローンの販売台数は
 増加傾向にあると予測されている 2014年度では国単体ではアメリカでの売上シェアが
 35%でトップ、ついで中国が15% 地域別ではヨーロッパ全体のシェアが30% https://t.co/QccyBWn8hj https://t.co/QccyBWn8hj
  8. 8. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 2. 背景トレンド:投資環境 8 投資環境 https://www.cbinsights.com/blog/drone-startup-funding-q315/ 2012年∼2015年までドローン市場への投資額、件数は共に増加傾向 2015年度の調達金額の総額は$450Mで前年比4倍に(2014年度は$107M) 2015年度の調達件数は74件で前年比2倍(2014年度は35件) https://www.cbinsights.com/blog/drone-funding-2015/
  9. 9. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 2. 背景トレンド:投資環境 9 各ラウンドの調達金額 2010∼2015年2月までの各ラウンドの調達金額 ドローン産業は黎明期で各社も創業数年の企業が多いためシリーズAラウンドが中心 ハードウェアスタートアップが多いため$5M∼$25Mなど多額の調達を実施 https://www.cbinsights.com/blog/drone-startups-venture-capital/
  10. 10. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 2. 背景トレンド:投資環境 10 2015年度の資金調達ステージ 2015年度はエンジェル/シード∼シリーズAで67% 海外ではドローンスタートアップへの投資が加速している https://www.cbinsights.com/blog/drone-funding-2015/
  11. 11. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 2. 背景トレンド:投資環境 11 https://www.cbinsights.com/blog/drone-startup-venture-capital/ 調達金額の多いスタートアップ 2015年4月時点
  12. 12. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 2. 背景トレンド:投資環境 12 シード、アーリーのスタートアップトレンド 2015年8月時点 https://www.cbinsights.com/blog/early-stage-drone-startups-to-watch/
  13. 13. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 13 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  14. 14. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 3. フレームワーク:提供する価値 14 データを取る ドローンの仕事 作業をするモノを運ぶ ドローンが提供する価値とは 「ドローンとは二次元空間に制約されていたロボットの仕事を三次元空間に拡張するもの」
  15. 15. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 3. フレームワーク:提供する価値 15 ドローンが提供する価値とは 「モノを運ぶ」「データを取る」「作業をする」の3つに大別できる 具体例 モノを運ぶ ・配送 データを取る ・空撮(動画、静止画) ・各種センサーデータ 作業をする ・インフラ点検作業
 ・ソーラパネルの掃除 ・街を修復する 既存技術で可能 すでに様々なプレイヤーが存在 直近数年はこの部分のビジネスが発達 ロボットアームのようなものをドローンに搭載 技術的に未発達 ビジネスとしては5∼10年のスパンが必要か
  16. 16. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 3. フレームワーク:プレイヤーの構造 16 ハードウェア ソフトウェア クラウド ホビー向け 商業向け サービス 空撮のみ ・・・・ 農業 配送 建設 点検 様々な産業のエンド・カスタマー ハードからソフト、クラウドまで大手の
 ドローンメーカーが垂直的に展開 商業利用には耐えないため、空撮のみが可能 商業向けの100万∼1000万円前後するドローンを製造・販売するハードウェアメーカー ドローンサービスを展開する企業は各産業に特化して事業を展開 サービスを提供する会社は自社でソフトウェアやクラウドを構築しているが、ハードウェアは
 既成品を利用していることが多い 垂 直 統 合 型
  17. 17. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 3. フレームワーク:既存システム 17 http://dronekit.io ドローンのシステム関係図
  18. 18. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 3. フレームワーク:既存システム(日本) 18 http://dronekit.io ドローンのシステム関係図 国内では電波法の関係で飛行中のドローンからクラウドに直接データを送信することができない
  19. 19. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 3. フレームワーク:既存システム 19 ドローン エアフレーム バッテリー・モーター・プロペラ ドローン センサー カメラ・位置情報 センサー ファームウェア アプリ SDKオートパイロット ファームウェア アプリ SDK Drone to Ground Comm SDKGround to Drone CommSDK フライトコントローラー スマホ / タブレット /PC SDK ジョイスティック グラウンド データ コントローラー スマホ / タブレット / PC SDK コントローラーソフトウェアレイヤー オートパイロット センサー データ 保存と分析 RF RFWi-Fi Wi-Fi クラウド 保存管理 LTE Wi-Fi ドローンデータ ・位置情報 ・飛行ログ ・センサーデータ ・ビデオストリーム センサーデータ ドローンデータセンター パフォーマンスデータ ビデオデータ エアフレームデータ 位置情報データ 飛行ログデータ SDK /API ビデオアプリ データ分析アプリ データは操縦者のコントローラー経由でクラウドに送信 (電波法に依存する部分)
  20. 20. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 20 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  21. 21. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:農業 21 フランスの農業関連スタートアップ ドローンを利用した精密農業を実現 様々なデータ加工を通じて、農家に対して
 必要な施策をアドバイスする フランス国内で十数人のドローン操縦士と
 契約 各農家でドローンを飛行させて、データを
 Airnov本社に送信 得られたデータを解析し、肥料や農薬の
 散布データを農家に送る 農家はそれに従って最適な場所に最適な量の
 肥料や農薬を撒き、生産性を向上 2015年度の飛行回数は約2万回で、
 前年比で4倍にまで成長 Airinovの事例① http://www.airinov.fr/en/
  22. 22. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:農業 22 MicaSenseの事例① http://www.micasense.com/ 農業に関するデータ収集と加工に特化、
 専用のデバイスを開発するスタートアップ 「MicaSense RedEdge」カメラはドローンに
 搭載可能なマルチスペクトルカメラ 専用のクラウドサービスと連携することで
 NDVIやオルソモザイク画像など様々な加工が可能 クラウド上で処理を行いたいエリアの境界線を
 設定したり、データの重ね合わせを行うことも可能
  23. 23. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:農業 23 MicaSenseの事例② http://www.micasense.com/ NDVIを測定することによって、作物の育成状況を把握
  24. 24. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:農業 24 PrecisionHawkの事例① 3Dモデルを作成することで、作物の
 高さを測定 3Dモデルで、作物の成長が芳しくない
 特異点を発見 http://www.precisionhawk.com/
  25. 25. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:農業 25 PrecisionHawkの事例② 高解像度カメラを利用することによって
 作物の個体数を算出 収穫可能なエリアの%比率の算定・可視化 http://www.precisionhawk.com/
  26. 26. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:農業 26 PrecisionHawkの事例③ 作物の健康状態のモニタリングや劣性遺伝子の
 検出、害虫被害の検出 シーズンごとの色の変化のモニタリング http://www.precisionhawk.com/
  27. 27. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:建設・測量 27 Skycatchの事例① 建設・測量に特化したソリューションを提供する
 米スタートアップ ハードウェア、ソフトウェア、クラウドを
 垂直統合型的に開発 事前に飛行経路を設定しておくと、自動で
 ドローンが飛び立ち、建設現場の2D、3D画像
 を作成 ドローン用の基地から自動で離着陸し、
 バッテリーの交換や収集したデータの送信も自動 一度の飛行で30分程度の空撮が可能で
 最大15GBまでのデータを収集 クラウドにアップロードされたデータは
 用途に応じて様々な加工が可能 https://www.skycatch.com
  28. 28. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:建設・測量 28 Skycatchの事例② 2点間距離や体積の測定 画像データは日付事に管理 あらゆるデバイスで確認が可能 任意の場所にメモなどを追加可能 完成予定図との重ね合わせで
 進 状況を管理 クラウド加工の例 https://www.skycatch.com
  29. 29. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:建設・測量 29 Skycatchとコマツの事例 コマツは建設現場の基礎工事の大半を自動化する
 「スマートコンストラクション」の一環として
 Skycatchのドローンを活用 ドローンで建設現場を空撮し、現場の3Dモデルを
 作成 3Dモデルや施工完成図面から施工を行う範囲の
 形状や運土量を正確に算出 それらのデータはブルドーザーや掘削機などの
 ICT建機に送信され、自動で基礎工事を行う 操作に熟練の作業者は必要なく、進 状況を
 確認しながら必要があれば機械を操作 工事が進行中もドローンで適時工事状況を空撮し
 施行計画に反映、進 を確認 従来1週間かかっていた地形データの取得作業が
 1時間程度にまで短縮 https://www.skycatch.com
  30. 30. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:警備 30 セコムの事例 ドローンの防犯サービス 工場や商業施設が対象 2015年12月11日から提供開始 固定カメラを多数設置するより
 効率的で経済的 監視カメラとLEDライトを搭載した
 セコムドローンが侵入異常発生時に
 対象の車や人に接近 近距離で車の周囲を飛行し、車の
 ナンバーや車種、ボディカラー、
 人の顔や身なりなどを撮影 画像を無線でセコムのコントロール
 センターに送信し不審車(者)の
 確保に貢献 工事料(ドローンポート、制御部)
 800,000円(税別)∼ 月額5,000円(税別)∼ http://www.secom.co.jp/corporate/release/2015/nr_20151210.html
  31. 31. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:資材・在庫管理 31 千代田化工建設の事例 建設現場の資材管理にドローンを利用 ガスやプラントの建設には数十万点∼百万点の資材が
 必要で盗難の被害も多かった 大型のプラントの建設では資材管理だけで
 300∼500人の人手が必要 千代田化工建設は2014年から中東や東南アジアの
 建設現場でGPS機能を搭載したドローンを導入 資材にRFIDを取り付け、ドローンにはRFIDリーダーを
 搭載し、建設現場を周回 RFIDは5∼10メートル離れた位置からも読み取りが
 可能なため、飛行中のドローンからどの資材が
 どこにいくつあるのかを確認ができるように RFIDは1個あたり数十円で購入可能 人件費を3分の1まで削減 http://www.borg.media/chiyoda-drone-material-management-system/
  32. 32. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:資材・在庫管理 32 Drone Scanの事例 在庫管理にドローンを利用する南アのスタートアップ 倉庫内の在庫管理には従来バーコードなどが利用 バーコードリーダーで人間が一つ一つ確認するのは
 大きなコストとなってきた バーコードとRFIDを商品に貼り、ドローンには
 バーコードリーダーやRFIDリーダーを取り付ける ドローンが倉庫内を一周するだけで倉庫内の
 在庫が確認できるようになり、大きなコスト削減に ドローンであれば、高い位置にある棚の商品も容易に
 確認できる 機体には各種センサーが搭載され、倉庫内のどこを
 飛んでいるのかを自律的に把握。位置情報を
 伝えるための固定センサーを倉庫内に
 設置する必要がなく、初期コストが安い ドローンはDrone Scanのデータベースに
 接続されており、スキャンしたデータはクラウド上で
 すぐに確認可能 http://www.dronescan.co
  33. 33. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:インフラ点検 33 NTT東日本の事例 インフラ点検にドローンを利用 橋梁に設置されているケーブル配管の点検は
 従来は作業員が目視で実施。コストが高く
 作業効率も低いことが問題 ドローンを導入することでコストを下げ、
 作業効率を上げることを目標に ドローンで橋梁の映像を撮影し、リアルタイムで
 地上に無線LANで映像を送り、オペレーターが
 モニター画面でケーブル配管の状態を確認できるように 利用されている機体は市販のものを改造した機体で
 一基あたり数百万円程度 http://www.borg.media/ntt-drone-project/
  34. 34. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:インフラ点検 34 Nokia Networksの事例 Nokiaの子会社であるNokia Networksは
 アラブ首長国連邦の携帯基地局のメンテナンスに
 ドローンを利用 電波基地局鉄塔の検査やモバイル通信速度の計測、
 無線通信のテストなどをドローンで行う ドローンには各種データ分析のためのアプリが
 ダウンロードされたスマートフォンが搭載され
 鉄塔の周囲を飛行しながらリアルタイムに
 データ収集と分析を実施 取得したデータは自動的にクラウドにアップロードされ
 リアルタイムに通信状態の確認ができるように 携帯電波のマイクロ波は建物などの障害物によって
 乱されることがあるが、ドローンを利用して通信基地局の
 建設前に電波の見通しテストも実施できるようになり
 最適な場所に鉄塔を立てられるようになるメリットも http://www.borg.media/nokia-uae-drone/
  35. 35. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:医療 35 AED搭載ドローンの事例 AEDを搭載したドローン オランダのデルフト工科大学がAEDを搭載した
 救急用のドローンを開発 ドローンにはAEDだけでなく、Webカメラと
 スピーカーが搭載されており、医師が
 モニターで現場の状況を確認しながら
 救助者に対して指示を行う 日本でも東京大学と慶應大学が千葉市内の
 ゴルフ場でAED搭載ドローンの実証実験を実施 2.5キロのAEDを搭載した機体は200mの距離を
 2分ほどで飛行して現場に到着 http://www.borg.media/aed-drone-save-life/
  36. 36. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:保険 36 Precision Hawkの事例 保険会社が損害を評価するためにドローンを利用 洪水被害、森林火災、作物被害、公害調査
 原子力事故など、広範囲に影響がある被害調査に
 ドローンを活用することで、短時間で正確な
 被害状況の把握が可能に 調査にかかるコストの大幅な削減に成功 損害保険ジャパン日本興亜の事例 自動車事故の際に現場の被害状況を
 正確に把握するためにドローンを利用 地上からは確認できない被害の様子も
 確認可能に 海面近くや山の急斜面、大規模な自然災害時にも
 活用を予定
  37. 37. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 4. 多様なユースケース:広告 37 Hoovyの事例 ドローンに広告を吊るす事業を展開 機体にLEDが搭載されているため、夜間に
 約300メートル離れた地点からも広告を
 確認することが可能 8つのプロペラを持つオクトコプターを利用 最大で300メートルまで上昇 アメリカとインドで事業を展開 地域によって規制が異なるため、広告主と
 保険会社などと調整しながらPRを実施 一度の広告費用は$45,000∼ http://hoovy.co
  38. 38. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 38 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  39. 39. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 5. ドローン配送サービス 39 物流の市場規模 国内だけでも年間20兆円 弱 ラスト・ワン・マイル問題 EC市場の成長とともに顕 在化 倉庫から顧客の自宅或いは トラックから顧客の自宅ま で多大なコストがかかる コスト削減の観点 なぜドローンによる配送が画期的なのか スピードの観点 インフラの観点 ドローン配送が実現すれば大幅 なコスト削減が実現可能 緊急性の高い荷物の配送 医薬品、血液、臓器など 車の渋滞などに依存せずに荷物 をスピーディーに配送可能 ドローンであれば、既存の配送 インフラよりも効率的かつスピー ディーに荷物を配送できる 山間部などの孤立地域 雨季などの季節変動要件によっ て、周囲との交通網が寸断され、 孤立集落になってしまう地域(ア フリカや南米に多い) 周囲に商店が少ない山間部の孤 立地域や、道路が舗装されてい ない途上国の孤立集落に対して、 少ないコストで物流の配送イン フラを構築することができる
  40. 40. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 5. ドローン配送サービス 40 Amazonの事例① Amazon Prime Airプロジェクト ドローンを利用して商品を顧客の元へ配送 機体はVTOLやマルチコプターなど複数台を開発 商品の重さによって機体を使い分ける予定 飛行中に障害物を検知して避ける機能を搭載 最新のVTOLは高度122m、航続距離24km
 飛行時間は30分、胴体部分が空洞になっており
 商品はその部分に格納 アメリカ、カナダ、イスラエル、イギリスで
 開発・配送テストを実施 千葉県千葉市(国家戦略特区)でのドローン配送
 にも参入を表明 http://www.amazon.com/b?node=8037720011
  41. 41. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 5. ドローン配送サービス 41 Amazonの事例② ドローン配送に関する技術について
 特許商標局に特許出願済み 自宅や職場だけでなく、スマートフォン
 で現在地を確認し自分が今いる場所まで
 商品を届ける仕組みなども申請
 (オンデマンドサービスの役割) 配送中に機体同士が通信を行い
 現在地や経路、高度などを互いに
 調整する技術も申請 http://www.amazon.com/b?node=8037720011
  42. 42. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 5. ドローン配送サービス 42 三井物産の事例 医薬品のドローン配送 三井物産は日本が医療用医薬品の規制緩和を行う
 ことを見越して、山奥など周囲に医療施設がない
 住宅向けの医薬品ドローン配送ビジネスに着手 現在は医薬品は対面販売が義務付けられているが
 規制緩和によって、対面でなくても購入が可能に 孤立地域に住んでいる高齢者が自ら病院に
 行かなくても自宅で医薬品をスピーディーに
 受け取れるようになる 2016年4月より、兵庫県養父市でドローン配送の
 実証実験を行う予定 養父市でビジネスモデルを確立したあとは、同様の
 問題を抱えている別の自治体へも広げる http://www.borg.media/mitsui-drone-business/ http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/121700025/?P=2
  43. 43. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 5. ドローン配送サービス 43 Matternetの事例 ドローンで物流インフラを構築 世界人口の7分の1(約10億人)が道路が
 整備されていない地域や孤立地域に居住 Matternetはそのような地域に生活必需品や
 医薬品を届けるためのインフラを整備 対象はアフリカや中南米など ドミニカ共和国やハイチ共和国で輸送実験 2kgの貨物を10km運ぶためのコストは
 24セント 高度120メートルを飛行し、10kmあたり
 15分間で飛行が可能 ドローンのための基地局も整備。電池の交換や
 配達品の受け渡しなども全自動で行うための
 システムを構築 各基地局に天候の監視システムを整え
 その地域の天候状況をリアルタイムに把握し
 ドローンに適切な経路を指示する https://mttr.net
  44. 44. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 5. ドローン配送サービス 44 スイスポストの事例 スイス国営郵便事業会社のスイスポストは
 ドローンを利用した小荷物配達を計画 Matternetが協力し、ソフトウェアを開発 機体は中央部分が空洞になっており、荷物は
 その空洞内に搭載して飛行 1kgの荷物を10kmまで配送することが可能 自律飛行の安全性確保やバッテリーの寿命問題、
 法規制の枠組みの問題などをクリアする必要 商業利用が実現するまで最低5年程度はかかる見通し http://www.borg.media/swiss-post-matternet-drone/
  45. 45. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 45 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  46. 46. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 46 データ加工プラットフォーム データ管理プラットフォーム オペレーター(操縦者)と企業のマッチングマーケットプレイス ドローン版ソーシャルネットワークサービス 飛行ナビゲーションサービス 画像、動画共有サービス・マーケットプレイス アプリケーション開発プラットフォーム 航空管制システム レンタルサービス 2016年現在のドローン関連インターネットビジネス https://note.mu/drone_borg/n/nc11b48d1cc70 それぞれの詳しいビジネスモデルや収益性、将来性などのついての分析レポートはこちら
  47. 47. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 47 DroneDeployの事例 クラウド上のデータ加工ソリューションを提供 ドローンで取得したデータをクラウドサービス上に
 アップロードして、「Map Engine」というツールで
 様々なデータに加工 3DモデルやNDVIなど様々な形式に対応 複数枚の画像を繋ぎあわせてオルソモザイク画像を
 作成後は標高や緯度経度、二点間距離、山の体積
 などを計測することが可能 完成したデータは分析に利用したりメンバーに
 簡単に共有可能 Androidアプリも公開しており、飛行経路の設定や
 飛行後の地図の作成、3Dモデルなどを提供 料金は月額定額制でフリープラン、$99、$499の
 3種類のプランが用意 https://www.dronedeploy.com
  48. 48. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 48 Hivemapperの事例 ドローン用のナビゲーションアプリ
 (カーナビのドローン版) Androidアプリを展開。地図上で
 目的地を設定することでアプリがドローンを
 ナビゲートしながら誘導飛行してくれる 安全なナビゲーションのために建物の情報を
 収集しており、イギリスやアメリカの
 サンフランシスコを中心にすでに
 2300万以上の建物の情報を管理 Hivemapperでは建物情報から3Dマップを
 作成し、飛行中に機体が建物に接近すると
 アラートを表示し、その場にホバリング(停止)
 するようにドローンを操作できる 飛行禁止区域についてもアプリ内で確認可能 対象機体はDJIのPhantom 3やInspire 1など http://hivemapper.com/home
  49. 49. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 49 DroneBaseの事例 企業とドローンオペレーターをマッチングする
 マーケットプレイス 多くの企業はドローン本体を購入したり
 ドローンオペレーターを雇って育成するのに
 多大なコストを消費する 企業が欲しいのはドローンではなく空撮データ 企業はDroneBaseで撮影場所や欲しいデータを
 登録するだけで、必要なデータを手間なく納品
 してもらえる DroneBase側で優秀なオペレーターを確保
 しているため、企業のニーズや撮影場所に
 合わせて適切なオペレーターを派遣・撮影 料金は定額制で、撮影場所の数や面積、
 オルソモザイクや3Dモデルへの加工の有無
 などによって決定。$399∼ http://www.dronebase.com
  50. 50. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 50 Airstocの事例 ドローンで空撮した映像を販売するための
 マーケットプレイス 報道や映像作品にも利用できるような
 高品質な映像のみを取扱い イタリアのピサの斜塔に関する空撮動画で
 あれば、17秒間のHDのものが$299
 4Kのものが$399で販売 各企業や個人の要望に合わせるために
 プロのドローンオペレーターを雇い
 現場で空撮してもらうサービスも展開 https://www.airstoc.com
  51. 51. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 51 Garuda Roboticsの事例 インドネシア初のスタートアップで
 ハードウェアからソフトウェア、クラウドまで
 垂直統合的に開発 「Garuda Cloud」というクラウドサービスでは
 ウェブ上でドローンへのミッションを作成可能。
 離陸、着陸といった予め作られている様々な
 モジュールをドラッグ・アンド・ドロップする
 だけでドローンへの命令群を作成することができる ドローンに搭載されているカメラから
 撮影された映像はリアルタイムで
 ブラウザ上で確認が可能 ブラウザ内でドローンの飛行経路の設定が可能 飛行経路を確認するために、Garuda Cloud上で
 2次元、3次元シミュレーションを行うこともできる ブラウザのダッシュボード上でデータの加工も http://www.garuda.io
  52. 52. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 52 MyDroneHubの事例 ドローン版ソーシャルネットワークサービス ドローンの初心者から上級者までが互いに
 コミュニケーションを取りながら知識や
 スキルを向上させるためのプラットフォーム 互いにフォローすることでその人が
 アップロードした空撮動画などを確認できる コミュニティなどもあり、技術的な質問や
 DIYでドローンを作ってみたい場合の質問、
 法規制に関する質問などをやり取りできる 企業用アカウントを作成することが可能で
 世界各地のドローンユーザーにリーチできる http://www.mydronehub.com
  53. 53. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 53 AirMapの事例 ドローンの安全航行のためにリアルタイムな
 空域情報を提供 FAAが飛行禁止区域にしている場所だけでなく
 大統領が訪問している街や数日間の限定イベント
 など、突発的に飛行禁止区域に指定される
 ケースも反映 オペレーター向けに飛行禁止区域が分かる
 ブラウザサービスを展開 ドローンメーカー向けにAPIを提供しており、
 APIをジオフェンシング・システムに統合
 することで、機体が飛行禁止区域に侵入したり
 区域内で離着陸できないように制限をかける
 ことが可能に。すでにDJIと3DRの機体で採用 ドローン関連のウェブアプリ開発者向けに
 SDKを公開しており、Javascriptのソースを
 埋め込むだけでAirMapの空域情報にアクセス可能 https://www.airmap.io
  54. 54. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 6. ドローンとインターネットビジネス 54 DroneCloudの事例 ドローン用データ管理クラウドサービス ドローンを利用して業務を行う企業が対象。
 空撮、建設、測量、インフラ点検など業界問わず
 利用が可能 事業上発生するプロジェクトの管理や
 ドローンで取得したデータをクラウド上で
 アップロード、ダウンロードが可能。
 必要に応じてメンバーに共有。
 飛行毎のドローンの飛行ログを保存。
 各プロジェクトへの機体のアサインや
 メンテナンス履歴などもクラウド管理。 料金は月額定額制。9,800円∼から利用が可能で
 お試しのためのフリープランも用意 今後はアプリも展開予定 https://www.drone-cloud.net/ja
  55. 55. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 本日のプログラム 55 本日のプログラム 1. 講演者の自己紹介 2. 背景トレンド 3. ドローンビジネスを捉えるためのフレームワーク 4. 農業、建設、測量、警備、在庫・資材管理、インフラ点検、
 医療、保険、広告などに利用されるドローン 5. 物流を大きく変えるドローン配送サービスの可能性 6. ドローンとインターネットビジネス 7. まとめ
  56. 56. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 7. まとめ 56 ドローン産業は黎明期だが投資環境は良くなっている 今後20年間は成長し続ける市場 国内のマーケットはまだ小さい 直近5年間はハードウェアがマネタイズしやすい しかし、今から始めるならサービスやソフトウェアがおすすめ モノを運ぶ、データを取る、作業をするの3つの仕事ができる サービスであればコスト削減に通じるモデルが必要 物流のリプレイスは最も大きな有望市場 インターネット系ビジネスはまだマネタイズが難しい
  57. 57. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved. 最後に:エンジニア募集 57 DroneCloudのクラウドサービス開発・アプリ開発 画像処理ソフトウェア開発 ドローン関連のアプリケーション開発 ハードウェアもやってきます! 株式会社CLUEでは以下の開発をお手伝いしてくださる
 エンジニアの方を募集しています! お気軽にお問い合わせください!
  58. 58. Copyright © 2015 CLUE, Inc. All Rights Reserved.58 ご清聴ありがとうございました。

×