Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015

1.180 visualizaciones

Publicado el

In the event of a disaster, by utilizing the hash tag of Twitter, to share information of affected areas

  • Sé el primero en comentar

ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015

  1. 1. ITx災害会議2015 C1セッション ハッシュタグの活用による 災害情報の収集・共有 「#●●市災害」 2015年11月21日 稲野 茂 ⼀般財団法⼈道路新産業開発機構(HIDO) (元国⼟交通省国⼟技術政策総合研究所) 1
  2. 2. 自己紹介と注意事項 稲野茂(いなのしげる) 昭和末期に某省に採用され国家公務員となり、 以後、本省・出先・自治体出向などを転々 本年9月までは、つくば市内の某研究所勤務 10月から、某財団に出向 このスライドは、個人的にツイッター投稿等を 分析し、これからの災害対応に広く役⽴つと考 え、整理したもの 所属組織との関係は、ありません 2
  3. 3. 目的:災害時の課題の解決 特に大規模・広域災害では、 発災直後、被災地の状況がわからない • 被災地への電話がつながらない • ニュースは目⽴つ場所しか映さない • ⼀般への情報提供が不⼗分 • 交通マヒ等でパトロールが困難 • 被災箇所多数で迅速な全容把握が困難 • 関係機関相互の情報共有が不⼗分 これらの課題をツイッターで解決 しようとする提案です。 3
  4. 4. ざっくり言うと 被災地のみんなで現状を ツイッターに投稿しましょう 投稿の際の注意事項 ① 所定のハッシュタグをつける ② 場所がわかるようにする(ジオタグ等) ③ できれば写真を添付する ④ 投稿文で現在地の状況を説明する 4
  5. 5. ①和光市のツイッター活用事例 ②群⾺県建設業協会の取組事例 ③災害時地域ハッシュタグの提案 5
  6. 6. 埼⽟県和光市の事例 ざっくり言うと ① 埼⽟県和光市では、災害時のハッシュタグ 「#和光市災害」を定めた ② 防災訓練でツイッター投稿を呼びかけた ③ 後⽇、大⾬の時、市⺠が自発的に冠⽔等の 市内の状況を投稿し、役⽴った 6
  7. 7. 和光市では災害時のハッシュタグ #和光市災害 を定めた(2014年2月25⽇) 7
  8. 8. 防災訓練(2014年6月1⽇)で ツイッター投稿を呼びかけた 8
  9. 9. 投稿のポイントは2つ ① #和光市災害をつける ② 場所がわかるようにする ジオタグ添付 番地名を記載等 9
  10. 10. 2014年 防災訓練の投稿例 10
  11. 11. 防災訓練の全投稿 191件のうち 訓練に沿った投稿は 137件(72%) 71.7% 6.8% 3.7% 5.8% 12.0% 訓練に沿った投稿 訓練に沿わない投稿 タグだけの投稿 事務局からの連絡 その他(感想等) 11
  12. 12. イタズラ投稿は、13件(7%) ニュースで紹介された時間帯に集中 0 5 10 15 20 25 30 35 感想等 事務局からの連絡 タグだけの投稿 訓練に沿わない投稿 訓練に沿った投稿 12
  13. 13. 訓練は成功 • 訓練の依頼に応じ、137件の的確なツイッター 投稿が得られた • ニュースの影響と想定されるイタズラ投稿は、 少数(13件)かつ⼀過性で、気にする必要なし • ⽇本初*のツイッターハッシュタグを活用した市 ⺠との協働による防災訓練は成功 *2014年6月1⽇時点、個人調べ 13 …と思っていたところ、同じ月の 6月25⽇にゲリラ豪⾬が発生
  14. 14. 埼⽟県南部にてゲリラ豪⾬ (2014年6月25日熊谷地方気象台発表) 14
  15. 15. ゲリラ豪⾬、当⽇の投稿 15
  16. 16. 16
  17. 17. 新聞記事によると これは使える! • 和光市は、大⾬への対応検討において ツイッター情報を参考にした、とのこと • 和光市の松本市⻑のコメント 「ビジュアル面も含め、瞬時に被害の把握が できたことは大きい。」 17
  18. 18. 7月20⽇にも大⾬ • 平成26年7月20日夕刻 – 和光市内で大雨 – 和光市内の各所で冠水 • 当日、約10件の #和光市災害 付き投稿。 • 全てが写真添付で市内各所の状況を報告 • 4件のジオタグ付き投稿(和光市内) • イタズラ的投稿はゼロ 18
  19. 19. 和光市の事例考察(1/3) 多数の的確な投稿 訓練の成果として、大⾬の時、自発的に現地の 状況を伝えるツイッター投稿が多数得られた。 イタズラ投稿は、気にする必要なし • 訓練の際、テレビの影響で少数のイタズラ投稿 • 大⾬の時には、イタズラ投稿はゼロ ツイッターからは的確な情報は期待できない、 といった懸念は杞憂 19
  20. 20. ⼀般に、ツイッター投稿の大多数は、位置の特 定が難しいことが、災害時活用の大きな課題 訓練の際、場所がわかる投稿を呼びかけた結 果、訓練や大⾬時の投稿のほとんどが位置特定 可能とのこと(和光市役所担当者) • 投稿文に番地名等を記載したものが大多数 • 位置情報(ジオタグ)添付は少数 2014年の訓練ではジオタグ付きは、6件(3%) 20 和光市の事例考察(2/3) 位置特定可能
  21. 21. 和光市の事例考察(3/3) 優れた情報共有ツール 災害時の情報共有ツールとしてのツイッターの 有効性を確認 #和光市災害の投稿は、情報共有が主たる目的 • ⾏政へ迅速な対応を求める通報ではない。 投稿された情報を共有し、これに基づき • ⾏政等関係機関は優先順位を考慮し、最善を尽くす。 • 市⺠は自己責任で最善と思う⾏動をとる。 コストゼロで導入可能 ハッシュタグ検索するだけで簡単に情報入手 21
  22. 22. 他自治体の動向 他の自治体でも、 模倣した動きあり (下記は当方が把握したもの) #宇部市災害、#北本市災害、#狭山市災害 #清瀬市災害、#⾦沢区災害、#御嵩町災害 #福岡市災害、#根室市災害 22
  23. 23. 埼玉県 北本市 #北本市災害 23
  24. 24. 岐阜県可児郡 御嵩町 #御嵩町災害 24
  25. 25. 北海道 根室市 #根室市災害 25
  26. 26. 横浜市⾦沢区 #⾦沢区災害 26
  27. 27. 山口県 宇部市 #宇部市災害 27 宇部市ホームページより
  28. 28. 福岡県 福岡市 #福岡市災害 28
  29. 29. #福岡市災害の防災訓練投稿 29
  30. 30. 自治体の皆様へアドバイス • 災害時のツイッター活用の目的を、市⺠へ、 しっかりと伝えることが重要 • ツイッターで「投稿して下さい。」だけでは、 不⼗分 • 和光市では訓練に先⽴ち、記者発表、チラシ配 布や市⻑のブログ掲載などを実施 • 訓練の成否は、多くの市⺠が、目的を理解し、 やり⽅が浸透し、災害時に協⼒が得られるか 30
  31. 31. ①和光市のツイッター活用事例 ②群⾺県建設業協会の取組事例 ③災害時地域ハッシュタグの提案 31
  32. 32. 群馬県建設業協会の取組み • 一般社団法人群馬県建設業協会では、 災害情報をツイッターに投稿するシステム ➔「ぐんケン⾒張るくん」を独自に開発 2014年12月より運用中 • パトロールや災害対応状況等を絶賛投稿中 • 投稿の全てに、写真とジオタグが添付 32
  33. 33. 「ぐんケンくん」➔ 群馬県建設業協会の マスコットキャラクター (「ぐんケン⾒張るくん」のパンフレットより引用) 33
  34. 34. (「ぐんケン見張るくん」のパンフレットより引用) 34
  35. 35. 9⽉9⽇〜北関東などで豪⾬ 群馬県建設業協会の会員は パトロールや災害復旧を実施 これらの状況を 「ぐんケン⾒張るくん」で逐一投稿 35
  36. 36. #桐生市災害 ① 36
  37. 37. #桐生市災害 ② 37
  38. 38. #桐生市災害 ③ 38
  39. 39. ジオタグに基づき地図展開 (webサイト「ちずツイ」の検索結果) 39
  40. 40. #沼田市災害 40
  41. 41. #高崎市災害 41
  42. 42. #みなかみ町災害 42
  43. 43. #藤岡市災害 43
  44. 44. #渋川市災害 44
  45. 45. #桐生市災害 45
  46. 46. #富岡市災害 46
  47. 47. 47
  48. 48. 新たな災害情報の発信⽅法 群⾺県建設業協会の災害時ツイッター投稿 ① 多数のRTに加え、少数の感謝の投稿も ② 住⺠等への情報提供として有効と想定 ③ 周知が進めば、有効性がさらに向上 ④ ツイッターの特徴を活かした、新たな災害 情報の発信⽅法と評価できる 48
  49. 49. 従来の災害情報発信 ① 建設会社や関係機関がパトロールを実施、 その結果を市町村等に報告 ② 市町村は、集まった情報を踏まえ、避難勧 告や住⺠への情報提供などを検討 ③ 市町村が検討している間、住⺠には情報が 提供されない (⼀般的なケースを想定した個人の⾒解です。実際には、細 かく住⺠へ情報提供したり、迅速な避難勧告を出している市 町村も、あると思います。) 49
  50. 50. ツイッターを活用すれば ① 災害時に関係機関がパトロールを実施し、 その結果を逐⼀ツイッター投稿 ② 住⺠も、現在地の状況をツイッター投稿 ③ 市町村は、投稿された情報を踏まえ、避難 勧告や住⺠への情報提供などを検討 ④ 同時に、住⺠は投稿された情報を踏まえ、 自己責任で自らの⾏動を判断 50
  51. 51. 平成27年9月17⽇ 国交省関東地⽅整備局の記者発表資料より 51
  52. 52. 想像してみてください 国交省と市町村のホットラインが もしも、ツイッターだったなら ⽅法としては、以下の2つ ① メンション ② 国交省公式から逐⼀ツイッター投稿 (いずれの場合も、ハッシュタグ添付) 52
  53. 53. 災害時のツイッター活用 非常識? それとも 従来常識を超越した 新しい⽅法? 53
  54. 54. 群⾺県内で災害に遭遇した時 @gunken000のツイッター投稿 から災害情報が得られます。 54
  55. 55. ①和光市のツイッター活用事例 ②群⾺県建設業協会の取組事例 ③災害時のツイッター活用の提案 55
  56. 56. #和光市災害、#桐生市災害 など (はっしゅたぐまるまるしさいがい) 別名、#●●市災害 と呼ぶ 目的は特定⾏政区域内の災害情報の共有 ハッシュタグ検索により情報抽出が容易 56 災害時地域ハッシュタグ
  57. 57. 現地の人が、現地の状況を ツイッター投稿 • 災害発生!その第⼀発⾒者は、現地の人 都市部 → 住⺠等その場にいる人 山間部 → 建設会社等のパトロール要員 • これらの人が現地の状況をツイッター投稿 • 災害時地域ハッシュタグを添付すること で、簡単・迅速に情報共有が可能 57
  58. 58. 災害時地域ハッシュタグ #○○市災害 は、⻑い 短く#災害でもええやん 58 #災害ではノイズ情報が多い 特定区域の絞り込みが不便
  59. 59. 投稿⽅法 • 投稿文で、現在いる場所の状況を説明 • 必要に応じて写真を添付(任意) • 災害時地域ハッシュタグを添付(必須) • 場所がわかるようにする(必須) ジオタグを添付 番地名等を記載 59
  60. 60. 情報の入手⽅法 ① #●●市災害で検索 • 関係機関は状況把握・初動対応の参考に • 被災地の人は⾃らの⾏動の参考に (自主避難判断、共助活動、帰宅ルート検討等) • 遠⽅の人は知⼈の安否確認の参考に (連絡がとれなくても、概略的な状況把握など) 60
  61. 61. 情報の入手⽅法 ② 検索結果を地図上に展開 • 特定のサイト、アプリを使うことにより、 検索結果を地図上に展開して閲覧できる 例としては Webサイト「ちずツイ」 アンドロイドアプリ「Twitmap」 注意事項 表示は、ジオタグが添付された投稿に限定 表示は、投稿後、約1週間程度に限定 61
  62. 62. 「ちずツイ」の表示例 62 「ちずツイ」で#災害通報を検索・表示
  63. 63. 「ちずツイ」の表示例(拡大) 63 「ちずツイ」で#災害通報を検索・表示
  64. 64. AndroidアプリTwitmapの表⽰例 64
  65. 65. 注意事項 • ツイッターは、あくまでも情報源のひとつ • 避難等が必要な状況下では、住⺠に投稿を 求めてはいけない • 人がいない場所の情報は得られない • 通信途絶したエリアの情報は得られない • 個々の投稿の信頼性は保証されない • それでも、余りある効用があると評価 65 万能ではない
  66. 66. 災害時の情報 信頼性 vs 量・スピード ■⾏政から災害時に発信される情報(現状) • 基本的に信頼できる • 数時間おきに集計された情報が、ホームページ上にPDF で発表・掲載されるケースが多い←個人の感想です ■ツイッターの災害情報(容易に実現可能な理想) • 発災直後から現地状況が続々とツイッターに投稿され、 リアルタイムに追加・更新 • ハッシュタグ検索やジオタグ検索で、絞り込みが容易 • 添付写真と投稿文から、状況把握が容易 • 匿名投稿の信頼性は、基本的に保証されないが、工夫次 第で信頼性を評価可能 66
  67. 67. 匿名投稿の信頼性評価 (仮説につき要検証) 以下の観点で信頼性を評価 ① ジオタグの有無 ② 周辺の投稿内容との比較 ③ 投稿者の過去投稿(防災訓練の参加等) 67 ウソ・デマ情報にも対処可能
  68. 68. ハッシュタグの活用は アクティブ・ソナー 68 パッシブ・ソナー (一般的なツイート分析) 黙って聞き耳をたてて、無数に聞こえてくる音(投稿)を分析 ノイズが多く、有益な情報を得るのは困難なケースが多い 目標物の場所が判らないケースが多い 全く音を出さない存在は探知できない アクティブ・ソナー (ハッシュタグの活用) 探信音(ピンガー)を出し、反射音を分析 ツイッター投稿の呼びかけが探信音、呼応した投稿が反射音に相当 ノイズが少なく、情報の抽出、場所特定が容易 全く音を出さない存在も探知可能(ツイッターを使わない人にも、目的を伝え て、呼びかけることで、情報発信するようになるかも) 探信音が標的となり、攻撃される恐れがある(和光市訓練のイタズラ投稿)
  69. 69. 未確認の災害情報の共有 • ⾏政の情報発信は、確認された情報に限定 • ⼀般からの情報は、未確認(要確認)情報 ➔ ⾏政から、そのまま発信できない ➔ 数が多いと、個別確認も困難 69 【提案】 • 現地からの災害情報をツイッターに集約 (現地状況のツイッター投稿を呼びかける。) • 情報を共有し、未確認を前提に活用
  70. 70. 災害時の自情、共情、公情 (誤字・誤変換ではありません。造語です。) ■自情 – 自分自⾝で、直接、現場を⾒て確認した情報 – 情報を得られる範囲が限定される ■共情 – 各自が得た情報(自情)をネット上に投稿して共有 – 情報共有ツールとしてツイッターを活用 ■公情 – ⾏政等の公的機関やマスコミから出される情報 – 公的機関の情報は、信頼できるが、遅い←個人の感想です – テレビのニュースは目⽴つ箇所が中心で、知りたい箇 所の情報が得られない←個人の感想です 70
  71. 71. 問1 そもそも、なんでツイッター? • 災害専用システムは、災害時に使われないことが 多い、と言われている • ⽇常的に多くの人が使うシステムを、災害時にも 活用する発想が必要 • ツイッターは、投稿のほとんどが検索対象 • 現状、多くの人が災害時にツイッター投稿 • 基本利用は無料 • 様々な者が、様々なアプリを開発 • オープンデータとして、再利用が可能 71
  72. 72. 問2 ツイッター使えない人は? 案1 • 使えない人が、少数でも存在するなら、ツイッ ター活用をやめる 案2 • 地域コミュニティ、ご近所の底⼒に頼る • すなわち、ご近所同志で声かけして助けあう 72
  73. 73. 課題点 • 2014年の和光市の訓練や大⾬時の事例では、大多数の 投稿が番地名を記載したもの。ジオタグ添付は少数 • 投稿する時に、ジオタグ添付は面倒臭い • 投稿が多くなった際、俯瞰的に状況把握するためには、 ジオタグ添付が望ましい • 災害発生時の混乱状況下、特に旅⾏中の人は、今いる市 区町村がわからず、正しくハッシュタグを添付できない ことも想定 これらの解決⽅法について C2セッションでご紹介します 73
  74. 74. やってみなはれ やらなわからしまへんで 74 サントリー創業者 ⿃井信治郎 の言葉 ⼩理屈を並べても、物事は運ばない。 とにかく実⾏して、そこから学びながら、 次のアクションを考えたらええ。
  75. 75. 過去を振り返り 嘆いているだけでは 明⽇は良くならない 75 過去の災害時のツイートを分析して、 有益な情報が得られないと嘆くだけでは、アカン! どうすれば、今後、有益な情報が得られるのか? そのための仮説・検証を繰り返し、 より良い明⽇を目指すべき。

×