Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方

727 visualizaciones

Publicado el

  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方

  1. 1. 埼玉工業大学 2011年度秋学期『ボランティアの研究』第12〜14回ボランティアとお金 マイプロ発表会・振り返り 2012.1.16 須子善彦 1
  2. 2. 今日は補講です 3限分連続して行います 休憩は長めにとります 出席には影響しません(カウントしない) 今日の内容  前々回・前回の振り返り  講義:ボランティアとお金  マイプロ発表  テストのための振り返り クリエイティブな3コマを(笑  次回はテストなので、フィードバックシートを活か せません  直接、聞くので答えて下さい 2
  3. 3. 前回・前々回のフィードバック 3
  4. 4. 前々回・前回の質問 市川博貴くん: マイプロ:なかなか人が集 まらない。告知方法を変えるべきか?(今 はブログ) 瀬山くん: マイプロレポートは実行したこ とや、実行に起こした場合こうなるであろ うという予測を書くのはどうか? 牛込くん:マイプロがこのままでいいのか 不安 中尾祐太くん: 仙台に瓦礫撤去に行ったこ とがある。マイプロがなかなか進まなくて、 マイプロの学びが書けなくてこまっている。 4
  5. 5. 残りの授業のテーマ・リクエスト 小池さん: 阪神大震災でしたボランティア の具体的な内容 久保田くん: iPhoneの良い点を 小林くん: ボランティアをインターネット を利用して行う方法 5
  6. 6. 阪神淡路大震災での活動 被災地NGO恊働センター 代表 村井雅清さ んが立ち上げた「ぐるうぷ・えん」  兵庫区の須佐野公園を本拠地として活動  当時の名前は「ちびくろ救援ぐるうぷ」 活動内容  在宅訪問  引っ越し手伝い  須佐野仮設住宅へのケア  浴移送サービス  神戸の冬を支える会への応援  他団体への応援  病院への通院介助  須佐野公園周辺の地域とのコミュ ニティ作り  西神第7、第1仮設住宅への定期的 訪問(神戸市西区) 6
  7. 7. スマートフォンとボランティア1/3 For TwoのiPhoneアプリ Table 7
  8. 8. スマートフォンとボランティア2/3 iPhone, iPadからも寄付ができるアプリ  「日本財団」で検索  日本財団:競艇の運営益で様々な団体を支援 8
  9. 9. スマートフォンとボランティア3/3 多目的トイレを、みんなで登録・検索  多目的トイレ検索サイト「チェックアトイレット」  NPO法人チェックが運営  スマートフォンの位置情報 9
  10. 10. 前々回(12/19)のフィードバック 6Hopeで世界は繋がる  山津くん: Wikipediaのリンクも6Hopであらゆる キーワードに 自発性の話  森谷くん: 指示待ちはよくないとは思うが、実 際、自分から動いて余計なことをしてしまって 怒られるのが嫌で指示待ちになってしまう人が 多いと思う。  細谷くん:命令されるよりフラットにやった方 が自分で考えてやるので色々と自分のためにな ると思う。 10
  11. 11. 前々回(12/19)のフィードバック 情報発信とボランティアの話  塩田くん: 自分が行動してからの情報公開では、他 の人の参加が難しいが、自分の考えを公開してから やれば、賛同している人の協力を得られるし、自分 の考えを公開することで、取り組む意識も変わって くると思います。 情報システムとボランティア・授業の感想  小林くん: 授業中に色々出てくるサイトやホーム ページの紹介がおもしろいと思います。いろいろな サイトをもっと知りたいです。ボランティアをイン ターネットを利用して行う方法を知れてよてもいい と思った。日常に起こっているニュースを授業に絡 めて話すのが、授業を受けていて非常に楽しいで す。 11
  12. 12. 前回(12/26)のフィードバック ボランティアの歴史について  浅見くん: 今は税金などで行われている事も昔はボラン ティアとしてやっていたのはスゴイとおもいました。 被災地の現状と長期化するボランティア  谷津くん: 被災地へ行ってみたい気もするが、何か思い とどまるものがある。少なからずいる悲しい思いをした 人に会うのが怖いというのが、私の本音なのかもしれな い。  小山くん: 長期化するボランティアはボランティアを経 験している人達にとって影響はどのような形ででてくる のかなと考えてみたい。  畑中くん: 環多久の地元(青森県八戸市)も被災しまし た ... ... 高校の時に部活で走りに行っていた浜の海の家が なくなっていたのをテレビで見てショックでした。他県 に比べれば被害は少ないかも知れないですが、改めて自 分できることをちいさいことでもいいので考えていきた いと思います。 12
  13. 13. 前回(12/26)のフィードバック マスメディアについて  黒澤くん: メディアはなぜ情報を流したり流さなかった りするのだろうか。マスコミがうまく情報を流せば、民 衆をあやつることもできると思う。良い流し方をすれば、 国として良い方向に向くのでは? マイプロとボランティアについて  中道くん:...今回のマイプロから、自分でも何らかしらの 役に立てているという自信を得られたので、この授業が 終わってしまっても、機会があれば自分からボランティ アに参加していきたいと思った。自分の好きな言葉に 「困っている人がそこにいて、自分に助けられる力があ るのなら迷っちゃいけない。」という言葉あります。ボ ランティアの授業をして、本当にその通りだと思いまし た。自分も助けられて生きているんだから、助けられる 人がいるのなら、どんな人にでも協力的に接していきた いと思いました。 公務員とマスメディアについて  大内くん: 公務員にもがんばっている人はいる 13
  14. 14. 組織と個人の話 組織と、組織を構成している一人一人  一人一人が善意で動いていても、全体的にマイ ナスになることがある  構造・システムの問題  分けて考えることが必要 個人が組織や構造にどこまで影響できるか  内部告発  「たとえ自分一人投票に行ったところで変わら ない」  Butterfly Effect. 風が吹けば桶屋が儲かる  キャズムを越える 14
  15. 15. ボランティアとお金 15
  16. 16. 第二回講義から 100%お金だけってことあるかな? お金をもらってしまうと「自発性」は0になる? 16
  17. 17. 当時のフィードバックシートから ボランティアについて  自発性と一言で言っても、ほうびや×が合った場合 はどうなるのかなど、深く考えされられた(山津く ん)  自発性とはお金の有無に関係なく、心から「こうし よう」「ああしよう」と思い、そして行動に打つす ることだと思った(景山さん) お金以外の動機  お金にならずとも経験を積むことに意義を持つこと や人間関係、社会的地位のために動くのもあると思 う(丸山くん) 17
  18. 18. 当時のフィードバックシートから 無償について  自分で「働きたい!!」と思えばお金をもらっていても自発性は 0ではない(野口くん)  お金をもらっても自分からやろうとしたことには変わりない(ボ ス)  もらう順番が重要(川上くん他)  交通費はOK。活動そのものにお金が払われていないので無償活 動。ただしその人の意志は必要(畑中くん)  割に合わなくてもお金をもらっている場合(交通費も)もボラン ティアではない。弟子入も自分のためだからボランティアではな い。ボランティアとは、自発的に行い、見返りを求めることをせ ず、誰かを助けようという思いで行うことであり、やるからには 自分のことは自分でやらなきゃならないと思う。  第一にお金がもらえるからと考えている場合は無償では無い。お 金でなくても、自分の利益がある場合も(遠藤くん)  はじめはお金のためにはじめたことでも、仲間と打ち解け、仕事 にもなれていくうちに、やりがい、お金以外の目的がうまれてき ることもある(髙端くん) 18  サービス残業もボランティア(篠原くん)
  19. 19. 自発性とお金 考えてみよう  「ボランティア同士、お金をもらう人、そうでない 人がいる」  「自分より頑張っていないやつが3倍貰っている」  どれだけの金額を貰っているか?(お小遣い程度、 給料に匹敵) 何を考えたか?感じたか? 「お金持ち」と自発性  金持ちだとあまり関係ない? 価格が決められることへの抵抗感? 19
  20. 20. お金とは何か? 世界で一番普及している道具(ツール)  生まれる前から、死んだ後までお金がまとわりつく  未開の村の自給自足の世界、以外のほとんど しっかりと説明できる人は少ない  かなり重要な役割を担っている筈なのに。。  毎日、使っているのに。。  人生に大きな影響を与えるのに。。 分からなくても使える(楽しめる)  すばらしいデザインの一種  ただし、落とし穴も 考えてみよう: お金は何の役に立つか? 20
  21. 21. お金は何に役立つか? お金があると、物・サービスを購入できる  お金以外で購入することができないだろうか? お金があると、時間が自由になる  その分、働かなくて良い たくさんあるとなぜいいか?  贅沢・必要最低限・不足  ボランティアはお金がある程度ないと出来ない か?  お金は裏切らない?  お金は減らない 21
  22. 22. ミヒャエルエンデ『モモ』 時間泥棒  ある日、街に、灰色の男た ちがやってきて、人々から 時間を奪う  人々は将来楽をするため に、今「時間が無い。時間 が無い」と忙しい日々に陥 る  不思議な力をもつ少女モモ が時間泥棒と戦う 時間泥棒とは、、、  金融 22
  23. 23. お金の歴史 物々交換 ->お金の誕生 → 交換手段としてのお金 ->金融の誕生 物々交換  欲望の二重一致が必要。  同時に二人の人がお互いのものを必要としている  価値に差が出ないように、量も調整が必要 お金の誕生  今必要ないけど後で必要:今じゃ無く後で使え る  価値を担保する共通のもの:お金  みんなが価値を感じて、減らないもの:金、米 23
  24. 24. 交換を助けるためのツール 物々交換の不便さを克服することができた 必要なときに使える。それ以外は貯められる  逆に言うと、すべての物やサービスに、(ある 程度共通の)価格が付くようになる  付かないものにはお金は使えない ある意味トラックみたいな存在  人々がお互いに創り出す価値(物やサービス) を交換するのを助ける 24
  25. 25. お金の価値は誰が保証? 偽札はなぜ創られるか?  本物だとだませる間は「使えるから」  「使える」ということはどういうこと?  物やサービスの代わりに受け取ってくれる  なつかしの「肩たたき券」:地域通貨・約束手形  「今度おごるからさ」:信用取引 ドルや円(日本銀行券)の価値は誰が保証?  アメリカ政府?日本政府?中央銀行(日本銀行)  昔は、金と交換できた(金本位制)  金:希少価値が高い → みんなが欲しがる  今は、金とは結びついていない(1971年のニクソン・ドクトリ ン)  今は何がそれを保証している?  1) 使えることは国で認めている / 2) 価値まで認めているか?  海外からの評価 → 国債の暴落。インフレ → 海外のものが買え ない 25
  26. 26. 金融の発明と利子・信用 お金をみんなが欲しがる  → 持たざる人が発生 → 「持たざる人」のニーズを満たす サービスとして「金融」 金融:お金を融通する  貸してあげるけど、多めに返してね(利子)  利子:サービスの対価。リスクヘッジ 信用により利子(金利)が変わる  個人も国も同じ 信用とは?  この人(国)にお金を貸しても、(金利を上乗せして) きちんと返してくれるだろう  借りた方は、借りた以上の価値(物やサービス)を創り 出さなければならない=経済成長が前提  実は、銀行自身も信用で取引:十分な現金は無い場合も 26
  27. 27. 金融は悪か? 「未来のため」vs.「金が金を生む仕組 み?」  今、お金が無い人でも未来を先取りできる  家を買える。車が買える  一人の力ではできないことができる  金を貸す方は「働かなくても」どんどん稼げる  お金が無い人から利子という形で搾取  利子:すなわち成長を前提としていることは 「良い」ことか?  環境破壊。経済格差。紛争。 27
  28. 28. 利子 利子があると、お金を持っているだけで、増え る  交換のツールだったのに「使わないほうがお得?」  他の物やサービスと違い、古くならない、腐らない  先にお金をもった人にはかなわない仕組み 一旦、手持ちに現金がなくなった人は、虐げら れるべきなのだろうか?  資金繰り失敗:利子が高いお金しか借りられない  マイクロファイナンス 地域通貨の一つの目的は利子をなくすこと  中にはマイナスの利子:ウェルグルの話  交換のツールとしての機能が強化 28
  29. 29. 偽札と資金繰りの話 アメリカの地域通貨発明者: Charles Zylstra  働く A さ んに、 100 紙幣を渡し、24 、金庫に 保管しておくように伝えた。A さんは B さんに 100 、Z さん に 100 、 セールスマンから預かった 100 B さんへの借りを返し、24 時間経つ前に、Z さんから 100 考え た。   A さんから借金を返してもらった B 、C さん から 100 、早速返しに行った。C さんはとても 驚き、 ......と巡り巡って、A 預かった 100 紙幣は、 Z 来た。Z A さんに 100 返し、次の日の朝、A 。  、 セールスマンは、 その 100 紙 幣を燃やすと、 驚く A さん 。  」とセールスマンは言った。 資金繰り。信用。利子。地域内での循環 29
  30. 30. 世界と繋がるお金と幸せ 価格が着くことの恐ろしさ  単純作業をお願いする:時給200円  円もドルも元も繋がっている  世界が一つのマーケットに 世界がつながることの恐ろしさ  日本の農村:軽油1リットルが生み出す価値(農作物 の生産高)  世界の投機:石油の価格を1.5倍に 30
  31. 31. ミヒャエルエンデの警告 「エンデの遺言」  お金を二つに分けるべきだ  パン屋でパンを買う購入代金としてのお金  株式取引所で扱われる資本としてのお金(商品としての お金)  「つまり好きなだけ増やすことができる紙幣がいまだ に仕事や物的価値の等価代償だとみなされている錯 誤」  「現代のお金が持つ本来の問題は、お金自体が商品と して扱われていることです。本来等価代償であるべき お金がそれ自体商品となったこと、これが決定的な問 題だと私は思います。お金自体が売買されるのが現代 です。これは許されることなのか?」  世界の投機の動きで、日常の生活が右往左往されな い:地域通貨の目的の一つ 31
  32. 32. GDP, GNH, 人々の幸せ 経済の成長 ≠ 人々の幸せ GDP: 国内総生産  一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額  この伸び率=経済成長率  その国の経済に投資する際のリターンを推測 GNH: 国民総幸福量  1972年 ブータン国王ジグミ・シンゲ・ワンチュクが提唱  ブータン国立研究所所長 カルマ・ウラ氏「経済成長率が高い国や医療が 高度な国、消費や所得が多い国の人々は本当に幸せだろうか。先進国で うつ病に悩む人が多いのはなぜか。地球環境を破壊しながら成長を遂げ て、豊かな社会は訪れるのか。他者とのつながり、自由な時間、自然と のふれあいは人間が安心して暮らす中で欠かせない要素だ。金融危機の 中、関心が一段と高まり、GNHの考えに基づく政策が欧米では浸透しつ つある。GDPの巨大な幻想に気づく時が来ているのではないか。」 先ほどの偽札と資金繰りの話から 国債が暴落して海外と取引ができなくなっても、、、 飢饉の話 cf.「日本の歴史を読み直す」 32
  33. 33. 地域通貨 「地域の中での」交換のツールとしてのお金 地域経済の振興、ボランティア活動や地域貢献の促進、 等のために使われる「補完通貨」 主な地域通貨の特徴 法定通貨(円)の特徴1 地域のプレイヤーが信頼・信用を担保 国家や中央銀行が価値を維持2 時間経過によって額面価値が増減 額面価値が時間に依存しない3 交換物や取引者の個性を抽象化しない 誰にでも使える4 取引が「関係の強化」 決済が「関係の終了」5 実名による使用 匿名で使える 世界と切り離す。商品としての金と切り離す。 33
  34. 34. ベーシックインカム みんなにお金を払ってしまいます  月7万円。すべての国民に一律 労働意欲は無くなるのか?  無くならないという研究結果 働いていない人、実は沢山  子ども、学生、年金暮らしの人、ニート 34
  35. 35. アテンション経済 みんながほしがるもの  昔は米(生活必需品)・金(稀少財)  資源(石炭・石油)  お金自身・信用 今後は  水・食料  時間(稀少財) → アテンション経済 35
  36. 36. 相談会(マイプロ・レポート) 36
  37. 37. 発表を聴くルール 真剣に、誠実に、傾聴して下さい  傾聴を思い出して  他のことをやるのは「禁止」です  途中でも退出してもらいます 勇気をもって、自分をさらけ出し、発表をして くれている人への最低限のマナー  みなさんと同じ立場の人ががんばっています フィードバックしましょう  共感したところ、勉強になったとこなど、どんどん 書きましょう。言いましょう。  質問じゃなくても、感想でもよいのです  アドバイスも可ですが、批判はやめましょう  Youメッセージ, Iメッセージ, Weメッセージ 37
  38. 38. 振り返り(ダイアログとボランティア) 38
  39. 39. 会議の新しい風潮:決めない会議 ボランティアの世界:すぐに結論の出る話題は 少ない  各人が自発的に参加。それぞれの想いがある。  Cf. 復興とまちづくり。原発とエネルギー では、話し合わなくて良いのか?  話し合っても結論が出ないと無駄?  問題意識、価値観、未来予想図を共有  一つにできなくても、お互いの「違い」を知る  みんなの声をまとめたい・吸い上げたい  一人で考えるのは難しい問題に「気づき」を  もやもや、あいまい、複雑、言葉にならないこと大事 決めない会議  cf) 対話(ダイアローグ)、ワールドカフェ 39
  40. 40. ダイアログとは? × ディスカッション(議論)ディベート(討論)とは違う 「正解」を知りたい  新しい視点を得たい 自分の意見を通したい  会話を楽しみ、他人の意 見を知りたい 結論を出したい  意見の違いを楽しみたい 他人の意見を否定  自分について「気づき」 を得たい  他人の意見を傾聴 傾聴の練習。マイプロ相互発表会。あれもダイアログ 40
  41. 41. ワールドカフェ:ダイアログのツール アイデア・気づき・共感・行動は、  堅苦しい会議室ではなく、  カフェ、飲み会、アウトドア、から生まれる 会議全部をカフェにしちゃおう  リラックス、傾聴、安心の場 やり方  4人1テーブル  お菓子や飲み物  模造紙、カラフルなペン  旅に出る人、ホストな人  3ラウンド 41
  42. 42. ワールドカフェの様子 42
  43. 43. ワールドカフェの模造紙の例 43
  44. 44. 第1回〜第2回: 第一回:あなたとボランティア  ボランティア ≠ ボランティア活動  「あなたのまわりで、これボランティアかな、 と思うものを考えてみよう」 第二回:身近なボランティア  「自発性」vs. 「強制」  100%「自発性」ボランタリーはあるかな?  100%強制はあるかな?  100%お金だけってことあるかな?  お金をもらってしまうと「自発性」は0になる? 44
  45. 45. 第三回:マイプロジェクトを創ろう したいこと、できること、必要とされること  このバランスが大切  子どもの遊び:したいこと → できること → 必要とされること  大人の仕事:どうしても「必要とされること」から入る。そのなか で「できること」に左右されやすい やりた いこと 必要 でき とさ るこ れる と こと 45
  46. 46. 第四回:マイプロ・傾聴 やりたいことの見つけ方:Steeve Jobs マイプロ:質疑応答 キーワード:「傾聴」  ボランティアの世界でも非常に重要なスキル  相手の気持ちに心と耳をしっかり傾ける  発した言葉の意味だけでなく、その背景の気持ちを伝え る  話に共感したらうなづくなど、話しやすくしてあげる やりのこし:マイプロジェクト発表会  傾聴の練習・体験。共感を通して話を聴く。自分の 想いを伝えてみる。協力を仰ぐ  世界と自分の関係を良くする魔法 46
  47. 47. 第5回:マイプロ発表会 ボランティア時代の必須ツール  ブレインストーミング(ブレスト)  数多くアイデアを出すための手法  ティーチングとコーチング  ティーチング:物事を教えること。例)教師  コーチング:相手のもっているものを引き出す、 活かす、伸ばすこと。例)(一流の)コーチ  3人一組でマイプロ発表会 47
  48. 48. 第6回:東日本大震災でのボランティア 東日本大震災でのボランティア  3つのフェーズ(段階)によって異なった活動内 容  (主に東京側からの支援として)Webサービスを たくさん紹介  例)ふらっとーほく  震災復興とまちづくり 48
  49. 49. 第7回: プロジェクトの立て方・深め方 プロジェクトの立て方・深め方  抽象化(一般化)←→ 具体化  この間を行き来する技術  Uの字を意識する  論文、プレゼン、企画書  準備こそ重要:PDCAからRPTDCAへ  Needsを知る  潜在的ニーズと顕在的ニーズ  仲間を集める  知っている → やる。やることで専門家に 49
  50. 50. 第8回: コーティングインタビュー コーチングインタビュー  傾聴の実践  他の人のマイプロを知る  他の人のマイプロから自分のマイプロを進化 マイプロジェクトを考える時間 50
  51. 51. 第9回:新しいボランティア論・ ボランティア社会と組織 ヒエラルキー(縦)社会・組織 vs. フラット社会 (ボランティア社会) ・フラット組織(ネットワーク組織) 51 ヒエラルキー組織 フラットな組織 51
  52. 52. フラットな組織を創るときに気を付けないといけないこと みんな「好き」で参加している  義務や忍耐ではない  しかたなく稼ぐお金のためではない  みんな平等 みんなをワクワクさせるような目的・ビジョン  僕らってこんなすごいことやってるんだぜ! 一人ひとりの想い、役割、居場所を大切にする 命令はできない → やる気にさせる お願い・お詫び・お礼:「お」の三原則 時には「お願い」すらしない高度なワザ 52
  53. 53. 社会起業家 社会のため、を仕事にしている人たち  起業:お金儲け、と思われがち  社会起業:社会のための起業 社会問題を解決することをビジネスとして行う人達  病気の子どもの保育  高校生・大学生に斜めの関係を  ネットの力でNPO支援  環境問題を解決する自然エネルギーの開発 53
  54. 54. 第10回情報システムとボランティア 6次の隔たりとSNS 情報発信・情報獲得と実名・匿名 弱い紐帯理論 オープンソース活動とボランティア開発者第11回ボランティアの歴史  弱者救済の歴史  NPO法  社会福祉協議会  被災地ボランティアへ行こう 54
  55. 55. カフェ・エチケット カフェのようにリラックス・自然体 個人の「わたし」として参加する 他人を批判、攻撃、冷やかし、しない 傾聴する:話している人に話しやすく  興味をもってきく  より深く話してもらうために質問をしてみる(コーチン グ) どんな意見もWelcome。違いを楽しむ  喋っていない人をケアして。みんなでみんなをもてなす 正解や結論を出すための場ではない 模造紙は、遊び心で遊ぶ。右脳も大切に☆  気づいたことなど、キーワードを書く  みんなペンをもつ 55
  56. 56. 問:この授業で学んだこと、最も印象に残ったこと。自分自身について変わったこと・成長したことは何ですか? 56
  57. 57. まとめ ボランティアは身近なもの 自分が、心から「○○したい」。そういう想いか らはじまる  今からの時代は、誰か(国とか)がやってくれる時 代ではない  一方、個人でもできることが多くなった  共感で仲間と支援を集める力  ネットの力、ダイアログの力  春休みに、ボランティア活動してみよう 「やりたいこと」と「すべきこと」を繋げる。 そして「できること」を鍛える  友達や仲間との出会い  他の授業との出会い: 90分間のクリエイティビティ 57
  58. 58. 募集 春学期の「ボランティアの授業」をサポー トしてみませんか?  単に遊びに来るのも可  一緒に内容を考えたい  時間割によるかも、も可。やっぱやーめたも可 マイプロを続けていきませんか?  引き続き、相談に乗ります  自主的な発表会の開催に興味があれば、言って ください それぞれ連絡先は class @bado.tv ← @を半角にして繋げて下さい 58
  59. 59. フィードバックシート 1) 今日学んだこと、感じたこと、を詳しく 今までのスライド  http://www.slideshare.net/scommunity1/  SlideshareというWebで「埼玉工業大学」で検索 59
  60. 60. 一学期の間、ありがとうございました 60

×