Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

「Ecm (エンタープライズ・コンテンツ管理)」と市場動向

3.894 visualizaciones

Publicado el

Publicado en: Software
  • Sé el primero en comentar

「Ecm (エンタープライズ・コンテンツ管理)」と市場動向

  1. 1. ECM(エンタープライズ・コンテンツ管理) とその市場動向 シンコム・システムズ・ジャパン株式会社 作成者:ビジネスディベロップメント担当 浦川 修 作成日:平成26年4月17日
  2. 2. 講師所属会社の紹介 【Cincom Systems】 • 1968年創業のソフトウェア開発企業のパイオニア (Wikipedia) • 世界16ヶ国に40拠点を保有 • 特徴として、創業以来のプライベート企業(非上場) • 主な事業 ① アプリケーション開発環境 ② 複雑系の業務システム開発 ③ ERP、CRM、ECM製品など 2 【Cincom Systems Japan】 • 日本法人は1976年創業、38年の経営実績 • 上場企業を中心に約400社の顧客ベース • メインフレーム向け製品 • 各種パッケージ製品 • 特定保健指導ビジネスへの展開 (2008年4月) • Cincom ECMの販売開始(2012年6月) Cincom ECM発売発表会の様子 (2012年5月25日)
  3. 3. ECM エンタープライズコンテンツ管理 ECM(エンタープライズ・コンテンツ管理)とは? 3 文書管理 ドキュメント・マネジメント・システム 「ECM」は2000年にAIIMによって定義された* AIIMインターナショナル(Association for Information and Image Management) 非構造化データ
  4. 4. 4 ECM(Enterprise Content Management)とは、企業(エンター プライズ)の非構造化データ(コンテンツ)を統合的に管理する( マネジメント)ためのフレームワークをいい、2000年に米国AII Mインターナショナルが提唱しました。 • 2005年秋にAIIMが定義したECM エンタープライズコンテンツ管理は、組織内の処理業務に関す るコンテンツや文書を取り込み、保存、保管して配信に利用す る技術である。 • 2006年の冬にAIIMがECMの定義に追加した一文 ECMのツールと方式は、組織内の非構造化情報がそれがどこ に保存されていても管理することができるものである。 *AIIMインターナショナル(Association for Information and Image Management) *JIIMAでは、文書情報マネジメントに基幹システムとの連携機能を加えてECMとしている。 ECM(エンタープライズ・コンテンツ管理)とは?
  5. 5. 企業におけるコンテンツ=情報資産=文書情報 Eメール WEBページ 基幹業務紙文書 ファックス オフィス文書 電子フォーム レポート 郵便 グラフィック ビデオ・音声 青焼、写 真 XML、メタデータプリント出力 コンテンツとは、あるものの「内容」(≒情報そのもの)の こと 一般にはメディアによって提供されるニュースなどの情報や音楽・映画・漫画・アニメ・ゲ ームなど各種の創作物、書籍、ウェブページなどを指す。企業・組織におけるコンテンツ とは企業・組織の情報資産である各種の非構造化データである文書情報をいう。 Source JIIMA ECM © 2008 ECM(エンタープライズ・コンテンツ管理)とは?
  6. 6. 生損保保険申込書 約定管理 各種請求書・注文書 住宅ローン申込書 求職申込書 支払請求、明細書 確定申告 オフィス文書 イントラ用WEBコンテン ツ 企業の財務報告・記録文書 事業計画書 社内規定集、教育資料 契約書 メッセージ(Eメール) WEBコンテンツ 販売促進用マニュアル 製品カタログ 販促用ビジュアルイメージ 音声・映像ストリーミング ビジネスコンテンツ* Business Content 販売促進コンテンツ* Persuasive Content 企業活動におけるコンテンツ(情報資産)の分類 トランザクションコンテンツ* Transaction Content Source JIIMA ECM © 2008 Eメール 注* : Forrester Research, Inc.の分類による http://www.forrester.com/rb/research 紙文書 紙文書 郵便 基幹業務 グラフィック ビデオ・音声 WEBページ WEBページ WEBページ電子フォーム レポート プリント出力 プリント出力青焼、写 真 ファックス プリント出力 郵便紙文書 オフィス文書 ECM(エンタープライズ・コンテンツ管理)とは?
  7. 7. 機能のトピックス 7 ECM製品の具体例、「Cincom ECM」について Cincom ECMは、ファイル サーバやNASに比較して 多様な機能を実装してい ます。 タグ付けの機能は文書を 作成するOffice製品や MacOSでも標準採用が 進んでいます。 Cincom ECMはオープンソースの技術を用いて開発されたDMS(文書管理システム)から発展したECM製品です。
  8. 8. 何故、コンテンツ管理が必要か? • ECMが求められる背景と効果 • 主要ベンダーの注目する「タグ管理」 • タグ管理について
  9. 9. 25% AIIMとFord Motorの研究ではナレッジワーカーたちは就労時間の15%~25%を 「何かを探しているような」非生産的な情報関連の業務に費やしている。 出典:IDC The High Cost of Not Finding Information ECM が求められる背景 (業務効率のアップ) 欧米の多くの企業でECM導入が進められている背景として、膨大に増えている 業務文書による業務効率の低減がある。競合他社との競争に打ち勝っていくた めにも、コンテンツマネジメントは企業にとっても最重要なICT課題となっている。
  10. 10. ポストキーワード検索→タグ検 索 ---- コンテンツ量 ---- キーワード検索の生産性 文書検索は、キーワード検索からタグ検索に ディレクトリ タグ(タギング) キーワード ECM
  11. 11. 11 「サーチ型」の問題点 ITmedia, Inc.のサイト記事(2006年8月掲載)より引用 ロボットなどを使った検索システムでは、検索キーワードを絞り込まないと、図 のように多くのページがヒットし過ぎて、逆に探し出したいコンテンツにたどり着 けないといった問題や、検索プログラム(ロボット)の精度や種類によって検索 結果に揺らぎが出てきたりする弱点もあります。 ECM が求められる背景 (業務効率のアップ)
  12. 12. 12 Web 3.0時代の情報・管理検索タイプ「タグ型」 ITmedia, Inc.のサイト記事(2006年8月掲載)より引用 先の図表にあったように、ディレクトリ型による情報管理・検索やロボット型(検索エンジン) での情報管理・検索では、検索生産性の低下が懸念されています。 タグによる情報管理では、キーとなる単語を「タグ」として、データ(コンテンツ)に付けるタイ プです。ディレクトリ型と違い、複数の情報をジャンルや要素ごとに集合させたり、逆にひと つのデータを多面的に扱ったりすることができ、従来の情報管理に変わるものと期待され ています。そのため、海外でのソフトウェア関連企業では、タグ管理の機能を採用すること が主流になってきています。(別紙参照のこと) ディレクトリー型 タグ型
  13. 13. 13 図面、技術文書でのタグ付けとそのメリット コンテンツ(図面、技術文書等)に タグを付けるメリットは事業部ごと、 部門ごと、担当者ごとに「既に用意 されたタグ」を付与することで、コ ンテンツの整理、分類を包括的に行 い、さらにそれによる妥当性の高い 検索機能を得られます。 また、紙情報をスキャニングした画 像データに付与して管理することが できます。 【例】 ・事業部別の図面、文書の管理コードの付与 ・社外(基幹システム外)での運用されている管理コードなどの付与 ・時間(期間)や地域(国別など)の一次的なタグ付けによる管理 ・タグ検索による検索結果の妥当性向上と検索生産性向上
  14. 14. 何故、コンテンツ管理が必要か? • ECMが求められる背景と効果 • 主要ベンダーの注目する「タグ管理」 • タグ管理について
  15. 15. 主要ベンダーなどのタグ化対応傾向(2013年)につい て 開発・提供先企業 製品など 時期 タグ化の特徴 マイクロソフト Office2013 2月 作成したファイル保存時の ダイアログで「タグ追加」入 力のフィールドが用意されて いる。 アップルコンピュータ OS X Mavericks 10月 主要機能のひとつとして提 供された。ファインダ、文書、 iCloudでのタグ利活用が可 能になった。 wordpress.org (世界的なCMS) Wordpress 2013 テーマ 10月 トップ画面にカテゴリーとタ グの表示、タグをクリックす るとタグ検索の結果で表示 する その他SNS ConneQt Tumblr - タグ機能がSNSシステムの 重要な機能になっている 表1. 2013年の主要ベンダーなどのタグ化対応の状況
  16. 16. ECMの市場可能性 (国内でのECM市 場動向) - JIIMA 月間IM 2014年4月号 16 表3.日本国内での文書情報マネジメント市場規模
  17. 17. 投資効果の高いECMシステム選択のポイント マイクロソフトやアップルなど主要なベンダーが進めて いる「タグ管理」に対応するシステムに →Cincom ECMはタグ管理(付与、検索)に対応済み マルチディバイスで利活用ができるシステムに →Cincom ECMはWebブラウザやiPad等でも利用可能 ブラックボックス化していないシステム →Cincom ECMはOSS*をベースにした標準技術採用 →Cincom ECMはAPI*を公開しているため、システム連携が容 易 *OSS(オープンソースソフトウェア) API(アプリケーションインターフェース)
  18. 18. 何故、コンテンツ管理が必要か? • ECMが求められる背景と効果 • 主要ベンダーの注目する「タグ管理」 • タグ管理について
  19. 19. 19 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ① 【Wikipediaより引用】 フォークソノミー(folksonomy)とは、インターネットのウ ェブサイト上の情報(コンテンツ)に、利用者自らが複 数の「タグ」(tag,名札)を自由に付け加え、検索できる ようにしていく分類の方法をいう。 folks(民衆)とtaxonomy(分類法)を合わせた造語。 タグの基本思想「フォークソノミー:みんなの分類 学」
  20. 20. 20 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ② (サイトの)管理者がコンテンツの分類を行い、利用者は 関わることのできない、従来のディレクトリ(カテゴリ)分 類(管理)やロボット検索とは、対照をなす。分類の作業 が万人に開かれ、終わりのないオープンなものであるこ と、ユーザーの共同作業によるものであることが特徴で ある。また検索に当たっては、図書館情報学で使われる あらかじめ定められた統制語彙の代わりに、ユーザーが 自由に作成したキーワードが用いられる。 wikipediaより引用続き
  21. 21. 21 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ③ 従来のディレクトリ(カテゴリ)分類の例 ディレクトリ型は従来から行われていた、情報を収集し、カテゴリ別に分類し管理・検 索できるタイプです。カテゴリ別に階層構造を持ち、「Webディレクトリ」ともよばれて います「Yahoo!のカテゴリ検索」などがその例です。 ITmedia, Inc.のサイト記事(2006年8月掲載)より引用 ディレクトリをあらかじめ用意しておく必要がある
  22. 22. 22 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ④ ディレクトリ(カテゴリ)分類の問題点 ITmedia, Inc.のサイト記事(2006年8月掲載)より引用 探したいカテゴリがなかったり、お目当てのWebサイトが登録されていなけれ ば、どうしようもありません。また、ディレクトリ型は、情報の位置を固定化させ るため、カテゴリを横断するような検索も苦手です。 従来のパソコンで、データをフォルダごとに保存するのはこのタイプでした。
  23. 23. 23 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ⑤ 何も考えずに情報管理・検索できる「サーチ型」 サーチ型の検索エンジンは、イン ターネット上のWebページをプロ グラム(ロボット)が巡回し、掲載 されているページのデータをどん どん記録していきます。検索時に ロボットが記録したデータを参照 に全文検索が可能で、ディレクト リ型と違い、幅広いWebページを 対象に情報検索ができます。 また、この技術を社内の文書管 理でも利活用するソリューション がすでに複数販売されています。 ITmedia, Inc.のサイト記事(2006年8月掲載)より引用 分類などを気にせず、 キーワードで検索す る
  24. 24. 24 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ⑥ 「サーチ型」の問題点 ITmedia, Inc.のサイト記事(2006年8月掲載)より引用 検索キーワードを絞り込まないと、図のように多くのページがヒットし過ぎて、逆 に探し出したいコンテンツにたどり着けないといった問題や、検索プログラム (ロボット)の精度や種類によって検索結果に揺らぎが出てきたりする弱点もあ ります。
  25. 25. 25 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ⑦ Web 3.0時代の情報・管理検索タイプ「タグ型」 ITmedia, Inc.のサイト記事(2006年8月掲載)より引用 ディレクトリ、ロボット型の情報管理・検索は一長一短です。タグ型は、キーと なる単語を「タグ」として、データ(コンテンツ)に付けるタイプです。ディレクトリ 型と違い、複数の情報をジャンルや要素ごとに集合させたり、逆にひとつの データを多面的に扱ったりすることができます。 Before (ディレクトリー管理) After (タグ管理)
  26. 26. 26 タグ管理とその背景:フォークソノミーについて ⑧ 【タグクラウド】 「タグクラウド」、直訳すると「タグの雲」といった意味で、関連する タグを1カ所に集め、フォントのサイズや色を変えて人気のあるタグ や新着タグを表示させるテクニックです。たくさんのタグが並んでい ても、色と大きさで直感的に話題のタグや新しいタグを把握できま す。
  27. 27. 付録 1 (主要ベンダーのタグ化傾向について) 27
  28. 28. 「タグ付け機能」を補強する動向 ① マイクロソフト Office2013の例(その1) 28
  29. 29. 29 Office2013では、文書の保存時にタグを つけるインターフェースが標準装備となった !
  30. 30. アップル MacOSでもタグ付けが基本機能に 30 https://www.microsoft.com/ja-jp/enable/products/office2013/default.aspx 「タグ付け機能」を補強する動向 ②
  31. 31. 31
  32. 32. 32 「タグ付け機能」を補強する動向 ③ タグ カテゴリ Wordpress2013年のテーマ、トップページの例 作成日 wordpress (CMSの横綱) でのタグ機能
  33. 33. 33 「タグ付け機能」を補強する動向 ④ タグ Wordpress2013年のテーマ、トップページの例 tumblr (最近話題のSNS) でのタグの利活用 Tumblr(タンブラ)のコンテ ンツアップロード画面です。 こちらでも、全てのコンテ ンツをアップロードするイ ンターフェース(GUI)で、タ グを付与するようになって いて、このタグで検索もで きるようになっている。
  34. 34. 付録 2 (ECMでのタグ管理の実際) 34
  35. 35. コンテンツ登録(保存)時のタグ付けの例 35 タグは複数登録化 こちらはCincom ECMのコンテン ツアップロードのGUIです。 こちらでもコンテンツにタグを付与 するようになっている。
  36. 36. タグ検索の例 36 検索タグの入力(複数化) 言語など別のプロパティも複数選択可能に
  37. 37. 付録 3 (ECMの本番環境の実際) 37
  38. 38. 日本プロジェクトマネジメント協会様 Cincom ECM導入目的は「専門書の制作業務」の効率化です。 導入効果としては、様々な企業(エンタープライズ)に所属する多く の執筆者から送られる各種原稿(コンテンツ)を効率良く管理(マ ネジメント)する環境がクラウド上に短期、低コストで構築できた事 です。以下にその他の導入効果の概要を示します。 【導入効果】 • 常に最新の版に対して修正でき、原稿の先祖かえり防止(作業ロスの解消) • 原稿を更新した場合、システムがそのコンテンツの新旧管理を自動的(手動 でも可)に管理 • 旧版原稿も含めて、すべての作成したコンテンツが一元管理され、いつでも 検索(中身も)、閲覧が可能になった • 事務局側の業務効率アップ:複数(40名)の執筆者の執筆状況(進捗管理) がいつでもECM上で確認できる Cincom ECM 国内での販売実績 ©2014 Cincom Systems Japan All Rights Reserved 38
  39. 39. Before: 今までの書籍制作業務の流れ 原稿 第5版 原稿の差戻し 修正した原稿(第10版) (郵送) 日本プロジェクトマネジメント協会 事務局担当者 ・担当部分を執筆し事務局に送付 ・使用した外部の引用文献の連絡 第1部第1章担当者 第1部第2章担当者 第2部第1章担当者 ・執筆マニュアルや素材の提供と管理 ・執筆担当者から送られてきた 原稿の取りまとめ ・チェックをした原稿の返信 引用したグラフ ©2014 Cincom Systems Japan All Rights Reserved 39
  40. 40. クラウド環境 After: 導入後の業務の流れ(全体) 2部1章 1部1章 1部2章 原稿 マニュアル 執筆マニュアル 図表 グラフ ・複数(40名)の執筆者と事務局の執筆に関するやり 取りをECM上で実施 ・執筆フォルダやマニュアルフォルダなど作業の目的 に合せてフォルダを細分化することが可能 第1部第1章担当者 第1部第2章担当者 第2部第1章担当者 事務局担当者 閲覧のみ 可能 原稿 原稿 日本プロジェクトマネジメント協会 ①事務局担当者は 執筆マニュアルや 図表などの執筆に 必要な素材をECM にアップロード ②執筆者はクラウ ド上にある素材を ダウンロード ③執筆者は執筆作業 が終わった原稿を ECMにアップロード。 版の自動更新 閲覧 更新 ©2013 Cincom Systems Japan All Rights Reserved 40
  41. 41.  ログインユーザごとに担当するフォルダが表示(非表示)される 担当者は権限の与えられた個人のフォルダとその中のコンテンツと パブリックフォルダを閲覧可能になる。 管理者ユーザの画面 ユーザ設定により、担当する フォルダしか画面に表示され ません。 ユーザ(A)の画面 日本プロジェクトマネジメント協会様の利用画面(例) 41
  42. 42. 付録 4 (ECMの環境の実際、外部システム連携) 42
  43. 43. 【当社の資料請求ページの例】 文書管理システム(CincomECM) 内で制作管理されたコンテンツ が別システムである当社のホー ムページ上(wordpress)で資料と してダウンロード可能 ←緑の枠内がCincomECM 43
  44. 44. [特徴] フロントにLiferayを使用したWebアプリケ ーションの例 ログイン管理はLiferay側に持たせて文書 管理の必要な機能だけを実装 Liferayとは、短時間でWebシステムを構築するためのオープンソースのフレームワーク及びそのフレームワ ークで開発されたポートレット(機能部品)である。JBoss, Tomcat,Apache Tomcat.[2], WebSphereなど多くの アプリケーションサーバ上で動く。 (http://ja.wikipedia.org/wiki/Liferayより) 44

×